ニュース

70代男性が肺炎で死亡、原因は肺炎球菌の予防接種の可能性 国が認めるのは初

投稿日:

Pocket

宮崎県都城市が、市内の70代男性が2015年、市が実施した肺炎球菌の定期予防接種を受けた後に間質性肺炎のため死亡した、と明らかにしました。

国は「予防接種のワクチンが関与した可能性が否定できない」として、遺族に予防接種健康被害救済制度に基づく遺族年金などを給付することを決めています。

厚生労働省によると、14年10月から始まった高齢者を対象にした肺炎球菌の定期予防接種で、接種が死亡原因の可能性があると国が認めたのは初めて。

都城市によると、男性は15年9月に市内の医療機関で肺炎球菌の予防接種を受け、5日後に間質性肺炎の疑いで入院、接種から22日後に死亡。

遺族の申請に基づき、国の認定審査会の審査を経て、国が認定したようです。

市はかかった医療費や遺族年金を最大10年間にわたり年約240万円給付するのだそう。

厚労省によると、高齢者の主な死亡原因である肺炎の30%前後は、肺炎球菌が原因。

全国で毎年250万~280万人が肺炎球菌の予防接種を受けている。

肺炎を予防するはずが、予防接種が原因で肺炎になってしまう。

よくある事では無いと思いますが、予防接種するのも不安になってしまいますね。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


  1. 佐藤真巨 より:

    私の義理の伯母が、肺炎球菌ワクチンを打った頃から具合いが悪くなり、間質性肺炎と診断され、1年程で亡くなってしまいました。
    肺炎球菌ワクチン接種のハガキには、何らかの副作用などの問い合わせは、厚生省に…と記載されていたので、伯父が連絡したのですが、例が無いと取り合ってくれなかったそうです。
    どうしたらいいのか家族は、諦めきれないでいます。    

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

厚生労働省、インフルエンザ予防にマスク「推奨していない」!? 手洗い、うがい、加湿が大事!!

インフルエンザウイルスは感染力が高く、予防にはウイルスになるべく触れないことが重要です。 厚生労働省は、体調に不安がある場合は人混みを避けるほか、外出後は手洗いとうがいをするよう呼びかける一方、マスク …

富士フィルム開発中の認知症治療薬“T-817MA”、認知機能低下の進行を抑制する効果を確認!!

嬉しいニュースが飛び込んで来ました~! 富士フイルムが、軽度から中等度のアルツハイマー型認知症患者を対象とした開発中の治療薬“T-817MA”について、米国第2相臨床試験で、罹病期間が短い患者の認知機 …

日本郵便が高齢者見守りサービスを開始!!

今日27日、日本郵便が高齢者向けの「みまもりサービス」の受付を8月7日から始めると発表しました。 郵便局員が高齢者の自宅を訪れて健康状態等を聞き、遠方の家族に月に1回メールで報告するというサービスだそ …

介護資格保有の潜在人材、4割以上が「介護職として働きたい」、日本総研調査で

日本総研の調査によると、経験や資格はあるものの介護の仕事をしていない潜在的な介護人材の4割超が、「介護職として働きたい」と考えているのだそうです。 この調査は厚生労働省の委託事業で、今年1月にインター …

介護職員のおよそ6割が「慢性的疲労」 長野県民連の調査で

長野県で県民連が、県内約900の事業所を対象にアンケートを行ったそうなのですが、41%が「疲れが翌日に残ることが多い」、15%が「休日でも回復せず、いつでも疲れている」と、介護施設で働く職員の56%が …