ニュース

Pepperがついに移動巡回! 介護施設での徘徊発見などに活用

投稿日:

Pocket

自律的に移動して巡回するPepper。

床に貼られたマーカーの範囲内を巡回し、人を見つけると近づいて声かけをする。

警備巡回や万引き防止、介護施設などでの徘徊の発見に役立つとされています。

Pepperはオムニホイールという移動機構を備えていますが、今までほとんど移動しての活用がされてきませんでした。

発売からほぼ3年経過して、ようやく移動するシステムが本格的に商用化される事になりました。

警備用と介護施設用は別の会社が開発した異なるサービス。

警備用に開発したのがユニボットの「UNIBOT by Pepper」、介護施設用に開発したのがX-mov Japanの「介護夜間巡回ソリューション for Pepper」だそうです。

X-mov Japanのシステムの場合(夜間の介護施設を想定)、まずPepperが廊下やフロアを巡回、SLAMと呼ばれるリアルタイムでマッピングする機能で障害物などは避けて移動できるそう。

また、巡回コースはあらかじめ設定できるようです。

無人のはずが人を見つけると近づいて写真を撮り、発見通知をスタッフ宛に送信するしくみだ。顔認識機能もあるので、誰を見つけたかを報告することもできるそう。

また、リアルタイム映像配信機能も備えているため、巡回しているPepperのカメラが捉えた映像をスタッフのパソコンやタブレットで常時チェックすることもでき、移動するセキュリティカメラのように活用できるようです。

実証実験は横浜の介護施設で数回に渡って行われており、今年の9月より販売がスタートするのだそうです。

現在、レクの時間にPepperを既に導入している介護施設も多いですが、Pepperを夜間の巡回等に活用できるとなると、夜勤中の時間の有効活用にも期待できるかもしれませんね!


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

“美魔女コンテスト”、41歳のケアマネージャーがグランプリに!!

「第8回国民的美魔女コンテスト」の最終選考会が9月29日、都内で行われ、大阪府在住の村田優美さん(41)が、応募総数約1500人の中からグランプリに輝きました。 介護・福祉の現場でケアマネージャーとし …

アルツハイマー病に効く薬、iPS細胞で特定 治療につながると期待

認知症の内、最も多いのがアルツハイマー病。 そのアルツハイマー病で、患者の脳にたまる特定のたんぱく質を減らす効果がある薬を、京都大の研究グループが、患者らから作ったiPS細胞を使って特定したそうです。 …

認知症「怖くないよ」 認知症の当事者が“認知症”語る

沖縄県内に住む若年性認知症の当事者の活動を報告する講演会がで開かれました。 若年性認知症の診断を受けながらも、自らに合った居場所で、働きながら生き生きと過ごしている様子が発表されました。 うるま市の男 …

中国が高齢社会を懸念し日本と“介護実習生教育”で協力

超高齢化社会を迎える中国。 そんな中国の団体が、介護人材の不足に対応する為、介護実習生を受け入れる日本の団体と協力して人材育成を行うことで合意したそうです。 中国では約30年後の2050年に人口が14 …

京都のグループホームで施設長が利用者に暴言 市が高齢者虐待で初の行政処分

京都府京都市にある「グループホーム京都下京の家」で昨年、当時の施設長が利用者に暴言を吐き、施設側が改善策について虚偽の報告をしたそうです。 京都市は、施設を運営する医療法人社団「長啓会」に対し、新規利 …