施設にて

ゴミだって「生きて来た証」

投稿日:

Pocket

今日は5/30ですが、語呂合わせで“ゴミゼロ”の日だそうです。

認知症が進むとゴミを大事にしてしまったりと、捨てる事をしなくなったりするようです。(関連ページ:http://akisuke-kaigo.com/%E6%96%BD%E8%A8%AD%E3%81%AB%E3%81%A6/%E3%82%B4%E3%83%9F%E3%81%8B%E5%AE%9D%E3%81%8B/)

そもそも高齢者の世代というのは、「贅沢は敵だ」と教育されてきた、物が無い時代を必死に生きてきた世代です。

特に戦争を経験している方々は幼少の頃から必要物資の無い生活を送る人々を目の当たりにして育ちました。

極端に言えば、物に飢えている方々であったのでしょう。

認知症によってそのような当時の思い等が蘇ってくる事も、ゴミを捨てられない要因なんだと思います。




また、色々な困難を乗り越えて来た高齢者は、当然のように高い自尊心と自立心を抱いています。

だからこそ自分で出来る事が減っていく中で周りに迷惑をかけたくないという思いを抱き、色々な物で自分自身を補おうとする傾向にあるのだと言われています。

例えば新聞紙なんかをたくさん保管したり、トイレットペーパーなんかをかき集めて持ち歩いたり。

自分の記憶では留めておけないという思いから、その時その時の物に照らし合わせて脳裏に留めておこうとする事があるみたいです。

このような場合、「物=自分の人生」となり、全ての物が「生きて来た証」となっていると考えられますので、絶対に捨てたがらないのも無理はありませんよね。

その為、高齢者の一人暮らしなんかだと結果としてゴミ屋敷になってしまう事も多くあるそうです。

施設だとそもそも物自体がたくさんある訳ではないですが、場合によっては捨てられないどころか他の利用者さんの私物まで持っていってしまうなんて事も有り得るわけで。

そうするとちょっとした盗難騒ぎが起きたりする事も有り得る訳で。

いやはや、小さな子供と違って「ダメっ」とか言えば良い訳ではないですからね、認知症の高齢者。

上手い事納得してもらうか、認知症を逆に利用して気を他に逸らすとか・・・

上手い事、ね(^_^;)

 

介護の人気求人が豊富!「介護のお仕事」



介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-施設にて

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「芋よりご飯が食べたい」

100歳を越えているおばあさま。 夜中、唐突に言いました。 「芋よりご飯が食べたい」 お米は毎日食べていますが、「いつも食べてるでしょ」で済ませる話ではないですよね。 お米がなかなか食べられない時代を …

no image

一週間を知る方法

あきすけの働く特養はいわゆる従来型、と呼ばれる形態の特養なのですが、このような施設に入所されると基本的に毎日同じような一日が続きます。 勿論、レクリエーションや行事など、何かしらは毎日行われております …

方言ミックス

あきすけの働く特養にいる利用者さん方、生まれは日本各地津々浦々。 様々な地方の方言が飛び交います。 といっても意味が理解できない、なんて事はありません。 単語だったり訛りだったり、聞いていて楽しいです …

葦簀(よしず)って知ってる?

今日天気の話をしながら窓の外を見ていたら、あるおじいさまが「“よしず”がどうたらこうたらゴニョゴニョ」と話しかけてきました。   天気の話をしていたので、無知なあきすけは「(石原)良純がどうしたって! …

ワインの先生、藤原竜也さん

今朝、テレビを見ていたおばあさま。 「ワインの先生〜!この人ワインの先生なの!」 すごいテンションではしゃいでいました。 普通に生活しているとなかなか聞かない「ワインの先生」という言葉。 誰の事だろう …