施設にて

他人の物だけど「私のなんだよ」

投稿日:

Pocket

最近収集癖がひどくなってきたおばあさま。

昨日は他利用者の所有するラジオを持って行こうとしていました。

ちょっと聞いてみると・・・

「私のなんだよ」

そのおばあさまは少なくとも特養に入所されて以降ラジオを聞く習慣もなく、実家からラジオを持ってきて貰ったり新しく購入したりもしていません。

暫く傾聴していると最終的には・・・

「私のとは色がちょっと違うかもね!」

そう言って笑いながらお部屋へ帰って行かれました。




ラジオに対して強い思い入れがある訳でもなかったので今回は割りとあっさり退いてくれましたが、ダメなときは本当に納得してもらえませんからね(´・ω・`)

最近は他利用者の居室に入って物色していく事も増えてきていて、なかなかの悩みの種なのです・・・

じっくりお話を伺って、上手い事本人の納得出来る状態を作り出す事こそが!!

・・・まぁ、それが難しいのが認知症なのですがね(^_^;)

 

暑さ対策には、クールにひんやり、CCT冷感タオル



介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-施設にて

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

90歳近くになってまで苦手なものを無理して食べる必要は無い

あきすけの働く特養の今日の昼食はチャーハンでした。 ですが、あるおばあさまが食べないと駄々をこねました。 「私、チャーハン駄目なのよ」 理由を聞いてみると・・・ 「匂いが駄目なのよ、気持ち悪くなっちゃ …

「犬猫じゃないんだから!!」

介助中のおばあさまの発言。 「もっと優しくやってよ!犬猫じゃないんだから!!」 昔の人と今の人では犬や猫に対する感覚が違ったりする事もあるようです。 戦争時や戦争直後を生きてきて、認知症によってその頃 …

兄と同じように愛されたい

「だあれも来ない。父も、母も。母も知らん顔。」 「こんな事言っちゃいけないけど、母はすごい意地悪だった。兄ばっかり可愛がって。」 90代のおばあさま。 90歳過ぎて、親が来たら逆にヤバイでしょー!?な …

no image

行ってきます

帰り際、みんながみんな「行ってらっしゃい」って送り出してくれる訳ではなく・・・ 当然帰宅願望の強い方々もいて、「帰りたい。いつ帰れるの?」って不穏になられる方もいます。 認知症の方々の中にはやはりなぜ …

折り鶴、くれすぎてたまにいらない

あるおばあさまはチラシやら破ったカレンダーやら、紙を色々集めております。 その紙を使って鶴を折ったり箱を作ったり。 そして、その作った作品を賄賂かのように職員に渡したがります。 だいたいの人は本人の気 …