ニュース

インフル後も鼻水が止まらない場合は実は“副鼻腔炎”!? 喘息を合併の危険も

投稿日:

Pocket

インフルエンザや風邪をひいた後、他の症状が治まったのに鼻の不調だけが続くなら、副鼻腔炎かもしれませんよ!?

副鼻腔に炎症が起きて、鼻水や鼻づまりの症状が出るのが副鼻腔炎です。

副鼻腔炎の代表的な症状は、粘り気のある鼻水と鼻づまりですが、目や頬など顔面の痛みや頭痛が出たり、嗅覚障害を伴ったりする例もあるのだそうです。

炎症が起きて1カ月以内の急性副鼻腔炎の場合、痛みや多量の黄色い鼻水といった激しい症状が出ることも多いようですが、一方で発症後3カ月以上たっている慢性副鼻腔炎は症状が穏やかで、改善と悪化を繰り返すため、長年放置されることもあるのだとか。

鼻の症状に加えて、注意力が散漫になるなど、気付かぬうちに生活の質が大きく低下してしまう危険も。




副鼻腔炎にはいくつか種類があります。

1つ目はいわゆる“蓄膿症”で、副鼻腔にうみがたまります。

ペニシリンなどの抗菌薬を1~2週間、あるいは少量のマクロライド系抗菌薬を3カ月を目安に服用して治療します。

2つ目は“副鼻腔真菌症”で、高齢者や糖尿病などの持病で免疫力が低下している人がかかりやすいようです。

副鼻腔にカビが増殖するもので、カビ臭い室内や空調の清掃不足など環境が原因の一つとなります。

急激に悪化する場合は、すぐに患部の切除手術が必要なんだとか。

3つ目は“好酸球性副鼻腔炎”。

白血球の一種、好酸球が過剰に反応して鼻と副鼻腔の炎症が続くのだそう。

近年患者数が増えている症状なのだそうで、粘り気がある鼻水が特徴で治りにくいんだそうです。

両方の鼻に多数の鼻茸ができて、強い鼻づまりや嗅覚障害を起こすことが多く、しばしば成人発症のぜんそくを合併するのも特徴です。

この副鼻腔炎に対してはステロイド薬による継続的な治療が最も有効で、鼻茸の切除や副鼻腔の入り口を広げる内視鏡下副鼻腔手術で症状を軽減できるそうです。

 




なんにしても鼻の不調が長引いたら、放置しても改善は見込めないと思った方が良いかもしれません。

高齢者は特に、たかが鼻水と侮らずに、早期受診する事が必要かもしれませんね。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

介護施設の夜勤、多くの人が「長時間で過酷」 日本医療労働組合連合会が調査

「日本医療労働組合連合会」が、全国の介護施設の夜勤勤務の実態に関する調査を行ったそうです。 調査は全国165施設を対象に実施したそう。 人数が少ない上、長時間の労働が続く過酷な勤務実態が明らかになって …

厚生労働省、インフルエンザ予防にマスク「推奨していない」!? 手洗い、うがい、加湿が大事!!

インフルエンザウイルスは感染力が高く、予防にはウイルスになるべく触れないことが重要です。 厚生労働省は、体調に不安がある場合は人混みを避けるほか、外出後は手洗いとうがいをするよう呼びかける一方、マスク …

100歳以上の高齢者、 6万7000人超で過去最多更新!最高齢は117歳

全国の100歳以上の高齢者は今月1日の時点で6万7000人余りと、去年より2000人程増え、過去最多となった事が厚生労働省の調査で分かりました。 厚生労働省は毎年、敬老の日を前に、住民基本台帳を基に1 …

“認知症当事者の視点での施策”“ネット上の曖昧な認知症情報への対策”を国立長寿医療研究センターが厚労相に提言

今後の認知症施策の方向性を検討する国立長寿医療研究センターの「認知症医療介護推進会議」は今月、提言をまとめ、厚生労働相に提出したそうです。 同会議は、認知症関連の学会や医療、介護関係団体の代表者らで構 …

有料老人ホームやサ高住、市町村による関与を強化へ

各地で急速に整備が進んでいる住宅型の有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅の質の担保に向けて、厚生労働省は行政の関与を今より強化する方向で制度の見直しを検討しているようです。 住宅型の有料老人ホー …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細