ニュース

京都の若手僧侶達が中心となって“認知症の駆け込み寺”目指す

投稿日:

Pocket

京都の若手僧侶達が認知症対策の拠点として寺院を活用しようと、プロジェクトチームを結成したそうです。

全国各地にあって、尚且つ高齢者との接点が多い寺院を一種の社会基盤と考え、その強みを生かし認知症に悩む人や専門家らが集う「駆け込み寺」になることを目指すのだとか。

中心となっているのは京都市の浄土真宗本願寺派の研究機関「総合研究所」の研究員らで、今年4月に京都市であった第32回国際アルツハイマー病協会国際会議ではポスター発表を行ったのだとか。

寺院は、本願寺派だけでも全国に1万以上あり、今後賛同する寺院を募り各地でセミナーを開く予定だそう。




プロジェクトチームは「お寺にはさまざまな人が立場を超えて語れる雰囲気がある。僧侶も月参りなどで日常的に門信徒の家庭状況を把握でき、ちょっとした変化やSOSを感じやすい。また、お寺は生老病死の苦悩に寄り添ってきた場。認知症という苦悩を切除するのではなく、どうつきあい支えるかを一緒に考えるセーフティーネットのような存在になれるはず」と意気込んでいるそうです!

現在は“寺離れ”が進んでいるとも言われていますが、こういった取り組みによって「身近にあって頼れる」が浸透していくと良いですね!!


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

認知症「怖くないよ」 認知症の当事者が“認知症”語る

沖縄県内に住む若年性認知症の当事者の活動を報告する講演会がで開かれました。 若年性認知症の診断を受けながらも、自らに合った居場所で、働きながら生き生きと過ごしている様子が発表されました。 うるま市の男 …

長崎、子供達が敬老の日祝いの弁当届ける

18日の敬老の日を前に長崎市では10日、外出が難しい高齢者に子供達がお祝いの弁当を届けたんだそうですよ! 長崎市伊良林地区では、防災無線を使って長寿のお祝いメッセージを伝えたのだそう。 更に、外出が難 …

鴨川前原海岸、海にも入れる砂浜用車椅子を無料で貸し出し

千葉県鴨川市の前原海岸で、砂浜用車椅子が無料で貸し出しされているんです! 砂浜用車椅子は前後3輪のゴムタイヤが浮輪のように幅広く、サラサラな砂地の上でも走行可能。 先月29日には、同海岸を訪れた車椅子 …

介護計画作成をAIが行うようになる!? 厚労省が効果検証の全国調査へ

厚生労働省は、介護保険サービス利用者のケアプランの作成に人工知能(AI)を活用する「AIケアプラン」の導入に向け検討に入りました。 AIの開発状況や活用事例について、8月にも全国調査を開始。 要介護者 …

外国人の技能実習生、複数人体制を条件に夜勤も行う方針

技能実習制度を通じた介護施設・事業所への外国人の受け入れが来月から解禁されますが、厚生労働省は9月29日、介護独自のルールをまとめた告示とその解釈を明らかにする通知、運用のガイドラインなどを公表しまし …