ニュース 事件

京都府の介護施設でノロウイルス集団感染・・・ 職員も感染、入院する利用者さんも

投稿日:

Pocket

京都府にある総合老人福祉施設「はごろも苑」にて、ノロウイルスの集団感染が発生したそうです。

はごろも苑によると、1月9日、18人の利用者が嘔吐、下痢などの症状を訴えており、その内12人からノロウイルスを検出され、2人が入院したのだそう。

はごろも苑によると、昨年12月29日にショートステイの利用者が嘔吐と下痢の症状を訴えたのが始まりで、その後消毒の徹底を図ったが、同様の症状を訴える利用者が出た為、今年1月4日に保健所に届け出たのだそうです。




はごろも苑はショートステイと長期入所者(特別養護老人ホーム)の施設があり、デイサービス事業もしているようです。

5日に現地確認した保健所によると、ショートステイと長期入所者の施設が同じフロアにある為、消毒を徹底するとともに両施設の行き来を極力無くすよう指導したそうです。

ですが、結果として長期入所者4人にも症状が出ており、6人の職員も症状を訴えているのだそう。

今後の感染拡大について、保健所は「現段階では何とも言えない。感染防止に努めるよう指導する」としています。




しかし、関係者からは「感染した利用者を抱える家族は事前にノロウイルス感染の説明があったらショートステイには預けなかったと訴えている。しかも発症後、はごろも苑では対応できないと帰宅させており、管理自体に大きな問題があった。感染が広がる前にショートステイを中止し、しっかりと感染ルートを絶てばこれだけ多くの患者が出なかったのではないか。感染者が次々に出ながら利用を続けさせたのは問題で、保健所の指導にも疑問がある」との指摘も聞かれているようです。

これに対し、はごろも苑は「感染防止に最善の努力をしてきた。利用者と家族にはショートステイは感染の可能性もあるので休んだ方が良いと説明してきた。どうしても利用されたい方に利用してもらってきた」と説明しています。




年末年始の忙しい時期で、どうしてもショートステイを利用したい家族も少なくないと思いますので、施設側の言い分は理解できます。

それでも、利用者さんや職員を守る為には、ショートステイの受け入れ中止も早い段階ですべきだったのだろうと思いますね。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース, 事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

介護職員への賞与支給額57.6万円で微増 、定期支給は7割 離職率は改善傾向に

介護労働安定センターが実施した介護労働実態調査によると、2018年度の介護職員(正規職員、月給制)に対する賞与支給額は平均57万6014円で、17年度と比べて7560円増えたそうです。 訪問介護員では …

デイサービスの送迎、認知症利用者を車内に置き去り 翌朝発見

8月3日、愛媛県今治市のデイサービスにて介護職員が認知症の80歳代女性を送迎用のワゴン車で送る際、自宅に寄るのを忘れたまま施設に戻り、車内に置き去りにしていた事があったそうです。 女性は、1人で車外に …

日本初“介護・認知症予防用パチンコ台”!!介護施設等にレンタル・販売開始

群馬県にある有限会社グローバルスタンダードという企業が、福理学療法士・作業療法士と協力し足や手を使って目で見てタイミングを図りながら運動を行う製品“介護・認知症予防用パチンコ台”を開発しました。 遊技 …

“義歯刻印”で徘徊時や災害時の身元確認!!

“義歯刻印法”って、ご存知ですか? 入れ歯やブリッジ等に名前やIDナンバー、もしくは義歯の制作者名を入れるというものです。 日本の義歯刻印の活動は、阪神淡路大震災の翌年、1996年から始まったのだそう …

労働実態調査、介護現場の離職率は減少傾向にあるも人材不足感は増加 

介護職員、訪問介護員の離職率は下がっているものの、現場では人材の不足感が増していることが、介護労働安定センターの2018年度介護労働実態調査で判明しました。 調査は02年度から毎年行われ、18年度は1 …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細