ニュース

介護付き高齢者スナック、女性介護士「ママ」に高齢者向け特化の設備が充実

投稿日:

Pocket

異色の飲食店、「介護付き高齢者スナック Go To Heaven」。

開店以来、75歳以上の男性客で賑わっているという。

今年1月にオープンした店を切り盛りするのは、ママで介護士の富澤綾子さん(24)と、准看護師の資格を持つホステス、宮川真紀さん(43)。

店内には、高齢者向けに特化した設備が充実しています。

血圧計や聴診器、「パルスオキシメーター」という血中酸素濃度の検査機器などが常備されており、スタッフに頼めばいつでも数値を測ってくれます。

アルコールは事前に利用者の家族から同意を得られた場合のみ提供しているそう。




日中はデイサービスで働く富澤さんも、スナックの仕事に手ごたえを感じているのだそう。

スタッフが症状を聞いて専門医への受診を勧めた結果、早期治療に繋がった例もあったのだとか。

なお、同店には様々な配慮がされており、誤嚥防止のためにドリンクには“とろみ”をつけたり、人気メニューのうどんは減塩仕様。

休憩用のベッドもあるほか、ほろ酔いでも転ばないよう、離席時はスタッフが付き添ったりと至れり尽くせりですね。

 


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

特養職員が特養で結婚式、入所の祖母の前で挙式! 「ばあやん、結婚したよ」に普段声を発しない祖母から発語の奇跡

「施設で暮らす祖母に晴れ姿を見せたい」。 長野市豊野町の社会福祉法人賛育会特別養護老人ホーム「豊野清風園」で4月22日、女性介護職員の結婚式がありました。 地元の専門学校生が全面協力した『手作り』結婚 …

“介護ロボット”導入しても現場のニーズに合わず・・・ ロボットスーツも複数の業務の中では着け外しの時間無い

人材不足が深刻な介護現場で、職員の負担軽減につながると注目される「介護ロボット」。 当初は国や道の補助金も活用できた為導入が進んでいったのですが、現在では“持ち腐れ”となっている事業所も出てきているよ …

電動アシスト歩行器で、坂道でも安心・快適!!!

  歩行器にも電動アシスト機能がついている事、知っていますか? パーソナルケアロボット(生活支援ロボット)の安全性に関する国際規格ISO 13482の認証を取得もしている電動アシスト歩行器を生活支援ロ …

“モフトレ”で介護者の負担減&高齢者の自立支援!?

今日8月4日、Moff、三菱総合研究所、早稲田エルダリーヘルス事業団は、IoTを活用した高齢者の自立支援サービス“モフトレ”の提供を開始しました。 このモフトレというのは、3Dモーションを計測できる腕 …

“学校教育”が認知症の予防の鍵!? 欧米では長期の学校教育で認知症発症率が減少

欧米では、なぜだか、認知症になる人の割合が減ってきているそうです。 理由の一つとみられるのが、若いころに受ける「教育」なんだとか。 教育の充実によって、なんと認知症の約8%を防げるという。 イギリスの …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細