ニュース

介護付き高齢者スナック、女性介護士「ママ」に高齢者向け特化の設備が充実

投稿日:

Pocket

異色の飲食店、「介護付き高齢者スナック Go To Heaven」。

開店以来、75歳以上の男性客で賑わっているという。

今年1月にオープンした店を切り盛りするのは、ママで介護士の富澤綾子さん(24)と、准看護師の資格を持つホステス、宮川真紀さん(43)。

店内には、高齢者向けに特化した設備が充実しています。

血圧計や聴診器、「パルスオキシメーター」という血中酸素濃度の検査機器などが常備されており、スタッフに頼めばいつでも数値を測ってくれます。

アルコールは事前に利用者の家族から同意を得られた場合のみ提供しているそう。




日中はデイサービスで働く富澤さんも、スナックの仕事に手ごたえを感じているのだそう。

スタッフが症状を聞いて専門医への受診を勧めた結果、早期治療に繋がった例もあったのだとか。

なお、同店には様々な配慮がされており、誤嚥防止のためにドリンクには“とろみ”をつけたり、人気メニューのうどんは減塩仕様。

休憩用のベッドもあるほか、ほろ酔いでも転ばないよう、離席時はスタッフが付き添ったりと至れり尽くせりですね。

 


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

介護資格保有の潜在人材、4割以上が「介護職として働きたい」、日本総研調査で

日本総研の調査によると、経験や資格はあるものの介護の仕事をしていない潜在的な介護人材の4割超が、「介護職として働きたい」と考えているのだそうです。 この調査は厚生労働省の委託事業で、今年1月にインター …

「認知症、閉じ込めなければ罪ですか」 JR認知症鉄道事故訴訟、遺族が救済拡大へ実名で講演

愛知県大府市で列車にはねられて死亡した認知症の男性(当時91歳)の遺族がJR東海から約720万円の賠償を求められた裁判で、家族に責任はないとした最高裁の逆転判決から約2年。 男性の長男は実名を公表して …

平成29年度「心豊かに歌う全国ふれあい短歌大会」作品募集のご案内、のご案内

宮崎県社会福祉協議会では、介護や支援を受けている60歳以上の高齢者と高齢者の介護を行なっている家族や施設職員、ボランティア、医療・介護を学んでいる学生の方々を対象に短歌を募集中です!! この短歌大会は …

ケアマネの処遇改善も必要と、厚労省が具体策の検討に着手

厚生労働省は10月9日の審議会(社会保障審議会・介護保険部会)で、ケアマネジャーの処遇改善に向けた検討を進めていく方針を明らかにしました。 適切に人材を確保して質の高いケアマネジメントの推進につなげる …

認知症「怖くないよ」 認知症の当事者が“認知症”語る

沖縄県内に住む若年性認知症の当事者の活動を報告する講演会がで開かれました。 若年性認知症の診断を受けながらも、自らに合った居場所で、働きながら生き生きと過ごしている様子が発表されました。 うるま市の男 …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細