ニュース

介護施設職員アイドル「FEN-Girls」、介護しながらアイドルで介護の魅力伝える

投稿日:

Pocket

「介護・福祉職をあこがれの職業に」を合言葉に、名古屋市の社会福祉法人の施設で働く介護士ら、20~30代の女性六人がアイドルユニットを結成!?

介護施設での仕事もしながら、各地のイベントなどに出て歌や踊り、トークで介護の魅力を発信しているようです。

3月に東京都千代田区で開かれた介護イベントで聞こえて来たのは、出演した女性六人組「FEN-Girls(エフエヌイーガールズ)」の元気な声。

メンバーらは約六十人の来場者に歌と踊りを披露する一方、トークで介護の仕事の魅力をアピールし、「きつい、汚いなど『3K』と言われるが、イメージを変えたい」「若い人たちに介護の職場に来てほしい」などと語りました。

ユニット名は、六人が働く「フラワー園」の法人名から。

リーダーの介護職菅谷由布子さん(31)、同中倉桃果さん(25)、管理栄養士佐藤多恵さん(31)、生活相談員北村沙央里さん(28)、看護師安部花穂さん(25)、訪問看護事務職小林瑞穂さん(34)で、いずれも同法人のデイサービスや特別養護老人ホームなどで働いている職員なんだそう。

6人は仕事後の夕方に週一回、デイサービスの談話室に集まって歌と踊りを練習。

昨年四月にオリジナル曲「ボクたちの未来」でデビュー。

作詞、作曲やCDジャケットのデザインは、フラワー園施設の幹部らが担当。

歌唱力を鍛えるボイストレーニングは、歌手志望だった職員が行っているそう。

趣旨に賛同したリネンサプライ会社もスポンサーとして、ステージ衣装の作成をしているとの事。

イベント出演時には必ず介護の魅力ややりがいを語るトークを行い、昨年9月には2枚目のシングルを発売し、この一年で中国山東省を含む約30のイベントに出演したのだそうです。

菅谷さんは「人に必要とされ、ありがとうと言われる他にない仕事。幅広い世代に知ってもらい、職業に選んでほしい」と語っており、外に出る機会の少ない介護現場から外に発信できる二足のわらじに手応えを感じています。

同じ介護士としても、こういう活動は応援したいです。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

“グランツーリスモSPORT”で高齢者の認知機能が改善

日本アクティビティ協会は、高齢者施設にデジタルデバイスを取り入れたアクティビティを活用する事で、深刻化していた男性向けのアクティビティ不足が改善され、男性シニアの参加率が大幅に改善されたとの発表を行い …

“介護ロボット”導入しても現場のニーズに合わず・・・ ロボットスーツも複数の業務の中では着け外しの時間無い

人材不足が深刻な介護現場で、職員の負担軽減につながると注目される「介護ロボット」。 当初は国や道の補助金も活用できた為導入が進んでいったのですが、現在では“持ち腐れ”となっている事業所も出てきているよ …

神奈川県大和市、認知症高齢者の鉄道事故に賠償金の肩代わり制度を新設 最大で3億円

神奈川県大和市は、認知症の高齢者の電車事故等の際に家族が高額の損害賠償を求められた場合などに最大3億円の賠償金を肩代わりする制度を新設するのだそう。 市が民間の保険に加入して対応するそう。 公費でこう …

「要介護1・2は軽度者ではない」と市民団体が要望書提出

要介護1と要介護2の認定者に対する生活援助サービスなど在宅介護サービスの市町村の介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)への移行が介護保険制度改革を巡る議論の俎上に載っていることについて、市民から反 …

介護施設の夜勤、多くの人が「長時間で過酷」 日本医療労働組合連合会が調査

「日本医療労働組合連合会」が、全国の介護施設の夜勤勤務の実態に関する調査を行ったそうです。 調査は全国165施設を対象に実施したそう。 人数が少ない上、長時間の労働が続く過酷な勤務実態が明らかになって …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細