ニュース

介護業界へ入職のハードル下げる??全国共通の入門研修制度創設へ

投稿日:

Pocket

昨日、厚生労働省は、介護現場の深刻な人手不足を補う為、介護の経験がない人を対象にした全国共通の入門研修制度を創設する方針を決めめた、というニュースが飛び込んできました。

今までは一部自治体で独自の研修を実施していたりしたそうですが、如何せん内容にばらつきがあり、統一した制度を求める声が出ていたとの事。

来月の8月中に社会保障審議会の専門委員会に制度案を提示して、2018年度の導入を目指すのだそう。

この入門研修は、初任者研修と無資格者の間に位置づけられ、初任者研修(130時間)よりも短い30~40時間程度を検討しているそう。

介護保険の概要、着替えやトイレへの移動の介助、緊急時の対応等、介護に関する最低限の知識と技術を学ぶ事が出来るのだとか。

研修修了者は、主に施設で簡単な介助や補助的な業務を担い、その分、介護福祉士らが、認知症介護等の専門性の高い仕事に専念できるようにしていきたいらしいです。

また、研修修了者がその後キャリアアップの為に初任者研修を受ける際には、科目の一部を免除する考えだそう。




介護の現場は慢性的に人手不足であり、団塊の世代が全て75歳以上になる2025年度には、およそ38万人足りなくなると推計されています。

厚労省はこの入門研修により、高齢者や女性らが介護労働に参加するハードルを下げ、人手不足の解消を目指すのだそう。

さぁて、入門研修制度でどれだけ人手不足が解消されますかねぇ、フフフ・・・






介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

介護職員の97%が「人手不足を感じてる」・・・ 有効策として「給料を上げること」が84%

人材サービスのウェルクスが介護職の人手不足に対しての調査を行いました。 11月11~22日にネットを使って調査し、10~60代の介護従事者160人が回答したとの事。 結果、職場で人手不足を感じている介 …

“義歯刻印”で徘徊時や災害時の身元確認!!

“義歯刻印法”って、ご存知ですか? 入れ歯やブリッジ等に名前やIDナンバー、もしくは義歯の制作者名を入れるというものです。 日本の義歯刻印の活動は、阪神淡路大震災の翌年、1996年から始まったのだそう …

「認知症、閉じ込めなければ罪ですか」 JR認知症鉄道事故訴訟、遺族が救済拡大へ実名で講演

愛知県大府市で列車にはねられて死亡した認知症の男性(当時91歳)の遺族がJR東海から約720万円の賠償を求められた裁判で、家族に責任はないとした最高裁の逆転判決から約2年。 男性の長男は実名を公表して …

高齢者の粗食は危険がいっぱい!?注意すべき事は?

若い頃よりも“粗食”を心掛け、「魚を食べる事が多くなった」という高齢者は少なくないでしょう。 朝の食卓に上る機会の多い焼鮭は特に人気が高く、「パリパリの皮まで食べてしまう」という人も多いそう。 しかし …

福岡で「高齢者の症状に合わせた車いすシーティングセミナー」開催

10月28日、日本通所ケア研究会が福岡市にて「高齢者の症状に合わせた車いすシーティングセミナー」を開催します。 このセミナーは、介護現場の高齢者に合わせた姿勢の具体的な整え方や適切なシーティング術を体 …