ニュース

介護食“穴玉丼” 被災地の企業で女子大生考案、森永とコラボ

投稿日:2017年7月13日 更新日:

Pocket

東日本大震災被災地の企業で職業体験をしたのをきっかけに、愛知県の女子大学生が、宮城県石巻市産のアナゴを使った介護食“穴玉丼”を考案し、あの大手企業、森永乳業が商品化しました!!

考案したのは愛知県にある名古屋学芸大学管理栄養学科の学生。

2015年3月、石巻市の水産加工会社ヤマトミで煮焼きアナゴにたれを塗ったり、サバの骨抜きをしたりする仕事を体験したそうなのですが、その際にヤマトミ側から「自社の食品を使った介護食を考えてほしい」との依頼を受けたのだそうです。

「地元の人たちにおいしいと言ってもらえる介護食を」と知恵を絞り、職業体験最終日の報告会で郷土料理を意識した4品を提案したそうなのですが、その場にたまたま居合わせた森永社員の目に留まったのだそう。

たまたまってすごいですな!




それから4カ月後に森永から大学に商品化の打診があったそうで、ヤマトミで加工した金華サバや真アナゴを使って軟らかいご飯の上に載せるおかずを試作し、最終的にアナゴの卵とじが採用されました。

厚みのあるアナゴを食べやすい大きさに切り、とろみを加えてふんわりと卵でとじた自信作。

森永の製品開発担当曰く「栄養素をできる限り摂取できるように努力した」との事。

この穴玉丼は、森永の介護食シリーズ“やわらか亭”の一つとして、3月から販売が始まっっています。

ヤマトミは「彼女たちが職場体験に来なければ商品になっていない。感謝している」と喜んでいるのだそう。

“やわらか亭 穴玉丼”は1ケース6食入りで3564円で、森永乳業グループの“クリニコ”で購入できます!!

介護食、美味しい物が増えていってくれるのは有難い事ですし、学生さんのアイデアと被災地と大手企業が手を取るというのはなんだか素敵ですね!!






介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

介護レクリエーション専門情報誌 が創刊!! 「介護レク広場.book」発売

BCCの社内カンパニーで、レクリエーション介護士制度を手掛けるスマイル・プラスカンパニーは、介護レクリエーションに特化した情報誌「介護レク広場.book」を創刊、発売を開始しました。 「介護レク広場. …

社会保障の仕組み変更、医療・介護の負担が増えます・・・ 

8月1日から社会保障の仕組みが変わります。 特に一定の所得がある高齢者は、医療と介護サービスの自己負担額の上限が共に引き上げられます。 医療は70歳以上が対象で、外来医療費の負担上限が月2千円アップし …

京都の病院で結核集団感染 職員も感染、死亡者も

京都市にある宮崎神経科嵯峨病院が、院内で結核の集団発生があったと発表しました。 入院患者1人が死亡したほか、患者19人と職員1人が感染し、うち患者8人が発病したそうです。 入院患者の70代の男性が10 …

深刻な介護人材不足、政府は賃上げやロボット導入を更に進める方針

介護分野の人手不足は深刻で、政府の調べでは2016年の有効求人倍率は3倍超と全職業の1.36倍を大きく上回っています。 高齢化が加速する中、深刻さが増すのは確実で、政府は賃上げなどの待遇改善による職員 …

「裁判所が泣いた介護殺人事件」が舞台化、各地で公演

2006年京都、介護疲れと生活苦から悲しい殺人事件が起きました。 この事件を題材に、認知症と介護の問題を問いかける社会派舞台「生きる」が2017年11月〜7月まで東京・埼玉・神奈川・広島の各地で公演と …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細