ニュース 事件

入所者に「くそじじい」 介護施設職員が暴言で、市が改善要求 

投稿日:

Pocket

滋賀県守山市の介護老人福祉施設で、男性職員が入所者に暴言を吐くなど不適切な行為を繰り返していたとして、施設を運営する法人に対し高齢者虐待防止法に基づき、改善を求める通知を出していた事が分かりました。

施設によると昨年12月、男性職員が入所者の男性に「くそじじい」などと暴言を吐いたり、本人や家族に無断でベッドに柵を設けたりしていたそう。

職員は施設の聞き取りに「イライラして言ってしまった」と述べ、男性や家族に謝罪したという。

市は、一連の言動や行為が虐待にあたるとして、今年3月に施設を運営する同県野洲市の医療法人に改善を求めています。

市によると昨年12月、市介護保険課に「施設で入所者虐待がされている」との相談があったのだそう。

調査した結果、認知症の入所者に対し、職員が「うっとうしい」「くそじじい」などの暴言を吐いたり、入所者や家族に無断でベッドに柵を付け、出られないようにしたりするなどの行為が確認されたようです。

それぞれ心理的虐待と身体を拘束する虐待に当たると判断し、施設運営に関する改善計画書の提出を求めています。

施設は4月下旬、市に改善計画書を提出し、入所者や家族に謝罪したと説明。

市は計画書に基づき、職員の教育や適切な運用がなされているか、定期的に施設を訪問して確認しているようです。

一方、県医療福祉推進課の担当者は「市の報告を待って、県の再調査や処分を判断する」と話しています。

入所者の関係者は「一部の職員による虐待行為は、日常的に行われていた」と話しているそう。

市が確認した虐待行為以外にも、“便が付着した状態で食事をさせる”、“尿漏れでズボンが汚れても着替えさせず、車椅子に座らせる”“食事介護中に「はよ口開け」などと暴言を吐かれる”など、入所者の人権を無視した行為もあったという。

関係者は「虐待の事実が伝えられ、入所者が安全に暮らしていけるようになってほしい」と訴えているそう。

利用者さんに対する暴言、正直気持ちは分からんでもないですけどね・・・

ただ、便汚染・尿汚染に関してはちょっと残念に思います。

柵について言えば完全な拘束行為ですしね・・・

まぁ、被害にあった男性入所者の普段の様子等が分からないので、案外同情の余地もあるケースだったりするかもですかね。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース, 事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

6月23日「慰霊の日」

  6月23日、「慰霊の日」。 「慰霊の日」とは1945年6月23日に沖縄戦の組織的戦闘が終結したことにちなんで、アメリカ施政権下の琉球政府及び沖縄県が定めた記念日です。 今日6月23日で沖縄戦終結後 …

昔の暮らし再現で高齢者の認知症症状を緩和する試み 京都の特養で

京都デザイン協会所属のデザイナーが協力して、高齢者の認知症症状を緩和する試みが、京都市内の特別養護老人ホームで進められているそうです。 「おくどさん」など、高齢者に昔の暮らしを思い起こさせる空間を施設 …

厚生労働省、インフルエンザ予防にマスク「推奨していない」!? 手洗い、うがい、加湿が大事!!

インフルエンザウイルスは感染力が高く、予防にはウイルスになるべく触れないことが重要です。 厚生労働省は、体調に不安がある場合は人混みを避けるほか、外出後は手洗いとうがいをするよう呼びかける一方、マスク …

宮城県の有料老人ホーム、利用者の預金1000万円を施設運営費に 職員の給与まで預金から・・・

宮城県大崎市鹿島台の有料老人ホーム「多機能ホーム虹の丘」で、施設側が利用者の所持金を不正に流用したとして、県は2日、運営会社「灯の家」に対し、老人福祉法に基づく改善命令を出したそうです。 宮城県の長寿 …

介護ロボ導入で人員基準を緩和の政府構想、相次ぐ慎重論

今年の成長戦略の方針として、政府は次期改定の際に、介護報酬や人員・設備基準の見直し等制度上の対応を行うとしています。 ロボットやセンサー、ICTなどの新たな技術を駆使した機器を上手く取り入れる事が出来 …