ニュース

厚労省、介護職のイメージアップに異業種の知恵募集 デザイナー、美容師、農家など

投稿日:

Pocket

厚生労働省が、人手不足が深刻な介護職のイメージアップのため、デザイナーや美容師、ラーメン店の店主、畜産農家など異なる業界で働く人たちから幅広くアイデアを募るプロジェクトを始めたのだそうです。

介護現場での就業体験や意見交換を通じて介護業界の常識にとらわれない提案をまとめ、3月21~25日に東京都内で開くイベントで発表するとの事。

プロジェクトの運営は、地域活性化事業などを手がける企業で、厚労省の公募で選ばれたスタジオエル(大阪)が担うそう。

札幌市や福岡市など全国8か所で、異業種で働く人たちのほか、福祉関係者、主婦、学生など、10歳代~60歳代の男女約500人が参加。

意見交換などを通じ、介護現場を実際に見て感じた課題の解決策や、介護の仕事のやりがいをアピールするアイデアなどをまとめるのだとか。

これまでには、「遊ぶうちに介護の仕事の魅力がわかるカードゲーム」や「観光案内所を併設したデイサービスで、高齢者が道案内する」、「施設内で使われる家具をもっとおしゃれなデザインにする」といったアイデアが出ているという。

「職員用の休憩室がない施設でも、落ち着いて一人の時間を持てる仕組み」の導入を求める声もあった。厚労省福祉基盤課は「これまでと違うアプローチで、若い世代に介護の仕事をアピールしたい」としているそう。

厚労省の推計では、高齢化で2025年度には約245万人の介護職員が必要となるらしいですが、約34万人が不足すると見込まれているんだそうですよ。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

世田谷中町プロジェクト、日本初「認知症デザイン」最高評価受賞!!

東京都世田谷区中町に今年5月1日に開所した看護小規模多機能型居宅介護事業所「ナースケア・リビング世田谷中町」が、日本で初めて英国スターリング大学認知症サービス開発センターの認知症デザイン認証で最高評価 …

“学校教育”が認知症の予防の鍵!? 欧米では長期の学校教育で認知症発症率が減少

欧米では、なぜだか、認知症になる人の割合が減ってきているそうです。 理由の一つとみられるのが、若いころに受ける「教育」なんだとか。 教育の充実によって、なんと認知症の約8%を防げるという。 イギリスの …

小規模福祉施設、スプリンクラー設置は未だ65% 対策に遅れ、設置費用がネックか

長崎市内の認知症高齢者グループホームで5人が死亡した火災を機に、2年前にスプリンクラーの設置が義務付けられた小規模の福祉施設のうち、対策を終えたのは全体の65・0%にとどまっていると総務省消防庁が発表 …

安全運転サポート車のロゴが決定!

6月30日、経済産業省は“安全運転サポート車”のロゴが決定したと発表しました。 安全運転サポート車とは、高齢者の事故防止に繋がるとされる先進技術を備えた乗用車の事です。 一般的に、加齢に伴い高齢者は交 …

京都の若手僧侶達が中心となって“認知症の駆け込み寺”目指す

京都の若手僧侶達が認知症対策の拠点として寺院を活用しようと、プロジェクトチームを結成したそうです。 全国各地にあって、尚且つ高齢者との接点が多い寺院を一種の社会基盤と考え、その強みを生かし認知症に悩む …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細