ニュース

和歌山県で特養の介護職員が県知事賞の“白梅賞”を受賞!!

投稿日:

Pocket

和歌山県では、知事が地域の社会福祉向上に貢献した人をたたえる“白梅賞”という賞があるのだそうです。

そんな“白梅賞”、今年は県全体で10人が受賞したのだそうですが、その内の一人に特別養護老人ホームときわ寮川辺園の総括主任介護員の森崎真喜子さん(59)が選ばれたのだそうです。

森崎さんは1996年から御坊日高老人福祉施設事務組合の職員となり、三尾の特別養護老人ホームときわ寮や和田の養護老人ホームときわ寮などで介護職員として21年7カ月にわたり勤務。

敬愛の精神を持って献身的な介護に取り組み、家族らの相談にも親身になって対応。

介護福祉士や介護支援専門員の資格を取得するなど、常に向上心を持って業務に取り組んでおり、豊富な経験と知識を生かし、施設運営の中心的な役割を果たしているとの事。

また部下や同僚にも分け隔てなく接し、他者の意見や価値観も尊重する姿に、同僚職員からも絶大な信頼を得ているという。

受賞に際し「園長さんはじめ多くのスタッフの皆さんのおかげです。とても感謝しております」と笑顔。

「入浴や食事など普段の業務では、常に利用者の方の安全を第一に考えて取り組み、レクリエーションなどでは楽しんでいただけるよう努力してきました。これからも利用者の方のために頑張っていきたい」と決意を新たにしているそうです。

介護の仕事をしていてこのように認められ表彰して貰えるなんて、一人の介護士として羨ましい限りです!!!


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ケアマネの処遇改善も必要と、厚労省が具体策の検討に着手

厚生労働省は10月9日の審議会(社会保障審議会・介護保険部会)で、ケアマネジャーの処遇改善に向けた検討を進めていく方針を明らかにしました。 適切に人材を確保して質の高いケアマネジメントの推進につなげる …

介護計画作成をAIが行うようになる!? 厚労省が効果検証の全国調査へ

厚生労働省は、介護保険サービス利用者のケアプランの作成に人工知能(AI)を活用する「AIケアプラン」の導入に向け検討に入りました。 AIの開発状況や活用事例について、8月にも全国調査を開始。 要介護者 …

認知症の前段階といわれる“軽度認知障害(MCI)”、およそ半数が認知機能回復

認知症の前段階といわれる“軽度認知障害(MCI)”と判定された在宅の高齢者を4年間追跡したところ、半数近くは正常な認知機能を回復したとの研究を、国立長寿医療研究センターのチームがまとめ、米医学誌に発表 …

京都の若手僧侶達が中心となって“認知症の駆け込み寺”目指す

京都の若手僧侶達が認知症対策の拠点として寺院を活用しようと、プロジェクトチームを結成したそうです。 全国各地にあって、尚且つ高齢者との接点が多い寺院を一種の社会基盤と考え、その強みを生かし認知症に悩む …

2016年度の労災申請が多い業種、一位は介護業

昨日6月30日、厚労省は2016年度の労災補償状況を発表しました。 これによると、過労や仕事による強いストレスが原因で精神障害を発症し、昨年度労災認定された件数は、過去最多の498件であったそうです。 …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細