ニュース

和歌山県で特養の介護職員が県知事賞の“白梅賞”を受賞!!

投稿日:

Pocket

和歌山県では、知事が地域の社会福祉向上に貢献した人をたたえる“白梅賞”という賞があるのだそうです。

そんな“白梅賞”、今年は県全体で10人が受賞したのだそうですが、その内の一人に特別養護老人ホームときわ寮川辺園の総括主任介護員の森崎真喜子さん(59)が選ばれたのだそうです。

森崎さんは1996年から御坊日高老人福祉施設事務組合の職員となり、三尾の特別養護老人ホームときわ寮や和田の養護老人ホームときわ寮などで介護職員として21年7カ月にわたり勤務。

敬愛の精神を持って献身的な介護に取り組み、家族らの相談にも親身になって対応。

介護福祉士や介護支援専門員の資格を取得するなど、常に向上心を持って業務に取り組んでおり、豊富な経験と知識を生かし、施設運営の中心的な役割を果たしているとの事。

また部下や同僚にも分け隔てなく接し、他者の意見や価値観も尊重する姿に、同僚職員からも絶大な信頼を得ているという。

受賞に際し「園長さんはじめ多くのスタッフの皆さんのおかげです。とても感謝しております」と笑顔。

「入浴や食事など普段の業務では、常に利用者の方の安全を第一に考えて取り組み、レクリエーションなどでは楽しんでいただけるよう努力してきました。これからも利用者の方のために頑張っていきたい」と決意を新たにしているそうです。

介護の仕事をしていてこのように認められ表彰して貰えるなんて、一人の介護士として羨ましい限りです!!!


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

選挙での郵便投票、対象を要介護3へ拡大 新たに162万人が対象に

自民、公明両党が、国政や地方の選挙の際に、介護保険制度で介護の必要度が最も重い要介護5などに限定的に認められている郵便投票について、要介護3と4の人にも対象を拡大する公選法改正案をまとめましたね。 高 …

自宅で認知症進行予防!?富山県の企業がそんなアプリを開発中~

富山大学五福キャンパス工学部敷地内の新産業支援センターの一室にオフィスを構えるITベンチャーのキュアコード株式会社は、在宅で認知症の進行を予防するアプリを開発しているとの事。 水分補給等のスケジュール …

介護中に腰骨を挫傷で元職員が理事長兼施設長を提訴

前橋市の障害者支援施設に勤務していた元職員の40代男性が10月27日、入所者の介護中、腰骨挫傷を起こしたのは施設を経営する社会法人や施設長が必要な労働環境整備を怠ったのが原因として、前橋地方裁判所に民 …

介護職員のおよそ6割が「慢性的疲労」 長野県民連の調査で

長野県で県民連が、県内約900の事業所を対象にアンケートを行ったそうなのですが、41%が「疲れが翌日に残ることが多い」、15%が「休日でも回復せず、いつでも疲れている」と、介護施設で働く職員の56%が …

ノルウェー、老人ホームに学生が宿泊するようになる!?

日本の話ではありませんが・・・ 安い宿泊料で学生が老人ホームに滞在し、高齢者が若者と交流できるような取り組みをノルウェーの野党・最大政党の労働党が提案したとかなんとか。 試験的プロジェクトとして実行で …