ニュース

“学校教育”が認知症の予防の鍵!? 欧米では長期の学校教育で認知症発症率が減少

投稿日:

Pocket

欧米では、なぜだか、認知症になる人の割合が減ってきているそうです。

理由の一つとみられるのが、若いころに受ける「教育」なんだとか。

教育の充実によって、なんと認知症の約8%を防げるという。




イギリスの研究チームによると、65歳以上に占める英国の認知症患者の割合は1991年時点で8.3%だったそうですが、2011年には6.5%に減少したそうです。

イギリス内では1991年に66万4千人の患者がいたとされ、2011年には88万4千人になると予想されていたそうなのですが、改めて調べると67万人だったそうで、予想よりも21万人以上少なかったそうです。

アメリカでも同様の結果が判明したそうで、1万人規模の調査で、65歳以上に占める患者の割合は2000年に11.6%なのが2012年には8.6%に減少したのだそうです。




「減少」の有力な要因の一つとされるのが学校教育らしいのです。

アメリカの調査では、対象者が教育を受けた平均期間は2000年の「11.8年」から2012年の「12.7年」に延びており、教育を16年間以上受けた人の認知症リスクは、12年未満の人の4分の1程度だったのだとか。

高齢になると体を使う事が減る為、読書や会話を楽しまれたりすると思いますが、学校に行っていた人の方が、もしかしたらその根幹にある知識や知的好奇心のようなものが強くあったりするのかもしれませんね!?


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

夜勤と日勤、頻繁に昼夜逆転すると寿命が短くなる!?長期間のマウス実験で、きついシフトで死亡率4倍以上!!

長期間にわたって頻繁に昼夜が逆転して体内時計が乱されると、死亡率が高まる傾向にあることを、京都府立医大の研究チームがマウスの実験で明らかにしました。 介護職等はシフト勤務の職場は多いですが、シフトの組 …

介護計画作成をAIが行うようになる!? 厚労省が効果検証の全国調査へ

厚生労働省は、介護保険サービス利用者のケアプランの作成に人工知能(AI)を活用する「AIケアプラン」の導入に向け検討に入りました。 AIの開発状況や活用事例について、8月にも全国調査を開始。 要介護者 …

富士フィルム開発中の認知症治療薬“T-817MA”、認知機能低下の進行を抑制する効果を確認!!

嬉しいニュースが飛び込んで来ました~! 富士フイルムが、軽度から中等度のアルツハイマー型認知症患者を対象とした開発中の治療薬“T-817MA”について、米国第2相臨床試験で、罹病期間が短い患者の認知機 …

京都の病院で結核集団感染 職員も感染、死亡者も

京都市にある宮崎神経科嵯峨病院が、院内で結核の集団発生があったと発表しました。 入院患者1人が死亡したほか、患者19人と職員1人が感染し、うち患者8人が発病したそうです。 入院患者の70代の男性が10 …

神奈川県大和市、認知症高齢者の鉄道事故に賠償金の肩代わり制度を新設 最大で3億円

神奈川県大和市は、認知症の高齢者の電車事故等の際に家族が高額の損害賠償を求められた場合などに最大3億円の賠償金を肩代わりする制度を新設するのだそう。 市が民間の保険に加入して対応するそう。 公費でこう …