ニュース

新モデル“混合介護”で生活支援多彩に!? 8月から東京・豊島区でモデル事業開始

投稿日:

Pocket

介護保険サービスと家事など保険の適用を受けないサービスを組み合わせた「混合介護」が、今年8月から東京・豊島区で始まるそうです。

「混合介護」は、入浴介助などの介護保険サービスと、家事などの保険外サービスを同じ事業者が提供するものなんだそうです。

高齢者や家族のニーズに柔軟に対応できるものですが、介護保険サービスの法解釈が曖昧だとして、これまであまり行われてこなかったようです。




以前から東京都と豊島区は国家戦略特区の仕組みを活用したモデル事業を提案していたのだそうで、今年8月からこのモデル事業が始まることが決まったのだそう。

国家戦略特区を活用した全国初の実験で、10社・団体が介護と合わせ、家事や買い物の代行など多様なサービスを用意していくとしています。

小池百合子東京都知事は、「これからますます高齢化が加速度的に進む中で、介護サービスが硬直的で、結局使えないということになるのはもったいない。うまく使うことによって、高齢者の皆さん、家族の皆さんが安心できる東京都を、まず豊島区で作る」としています。

東京都と豊島区は来年度以降、新たなサービスの提供も検討していて、介護する家族の負担軽減などが期待されています。

介護業界で人手不足が深刻化するなか、事業者の収益機会を増やし、職員の賃上げや生産性の向上につなげる狙いもあるんだそうですよ。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ロボットを通して高齢者の見守り!?“パペロ”で遠隔交流サービス開始!

ITシステムの開発・運用会社コンロッドがNECの小型汎用(はんよう)コミュニケーションロボット「PaPeRo i」(パペロ)を使った高齢者と家族の遠隔交流サービスを始めました。 高齢者の見守りに留まら …

Pepperがついに移動巡回! 介護施設での徘徊発見などに活用

自律的に移動して巡回するPepper。 床に貼られたマーカーの範囲内を巡回し、人を見つけると近づいて声かけをする。 警備巡回や万引き防止、介護施設などでの徘徊の発見に役立つとされています。 Peppe …

介護職員のおよそ6割が「慢性的疲労」 長野県民連の調査で

長野県で県民連が、県内約900の事業所を対象にアンケートを行ったそうなのですが、41%が「疲れが翌日に残ることが多い」、15%が「休日でも回復せず、いつでも疲れている」と、介護施設で働く職員の56%が …

錠剤に極小センサーを埋め込んだ“デジタル錠剤”、大塚製薬が世界初承認 抗精神病薬エビリファイ(アリピプラゾール)にセンサー

米食品医薬品局(FDA)が、錠剤にごく小さなセンサーを埋め込んだ“デジタル錠剤”を承認したとの発表がありました。 医師の処方通りに患者が薬を飲んだかどうかを第三者が確認できるというもので、効果的な治療 …

“グランツーリスモSPORT”で高齢者の認知機能が改善

日本アクティビティ協会は、高齢者施設にデジタルデバイスを取り入れたアクティビティを活用する事で、深刻化していた男性向けのアクティビティ不足が改善され、男性シニアの参加率が大幅に改善されたとの発表を行い …