ニュース

新モデル“混合介護”で生活支援多彩に!? 8月から東京・豊島区でモデル事業開始

投稿日:

Pocket

介護保険サービスと家事など保険の適用を受けないサービスを組み合わせた「混合介護」が、今年8月から東京・豊島区で始まるそうです。

「混合介護」は、入浴介助などの介護保険サービスと、家事などの保険外サービスを同じ事業者が提供するものなんだそうです。

高齢者や家族のニーズに柔軟に対応できるものですが、介護保険サービスの法解釈が曖昧だとして、これまであまり行われてこなかったようです。




以前から東京都と豊島区は国家戦略特区の仕組みを活用したモデル事業を提案していたのだそうで、今年8月からこのモデル事業が始まることが決まったのだそう。

国家戦略特区を活用した全国初の実験で、10社・団体が介護と合わせ、家事や買い物の代行など多様なサービスを用意していくとしています。

小池百合子東京都知事は、「これからますます高齢化が加速度的に進む中で、介護サービスが硬直的で、結局使えないということになるのはもったいない。うまく使うことによって、高齢者の皆さん、家族の皆さんが安心できる東京都を、まず豊島区で作る」としています。

東京都と豊島区は来年度以降、新たなサービスの提供も検討していて、介護する家族の負担軽減などが期待されています。

介護業界で人手不足が深刻化するなか、事業者の収益機会を増やし、職員の賃上げや生産性の向上につなげる狙いもあるんだそうですよ。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高校生の5%が家族の介護、学業に支障も 大阪歯科大らの研究グループが“ヤングケアラー”について国内初調査

大阪の高校生の約20人に1人が、家族の介護や家事などの「ケア」を担っていることが、大阪歯科大医療保健学部らの研究グループによる大阪府内の高校生を対象に実施した調査で明らかになりました。 大人が担うよう …

アルツハイマー病に効く薬、iPS細胞で特定 治療につながると期待

認知症の内、最も多いのがアルツハイマー病。 そのアルツハイマー病で、患者の脳にたまる特定のたんぱく質を減らす効果がある薬を、京都大の研究グループが、患者らから作ったiPS細胞を使って特定したそうです。 …

67%の介護事業所が人手不足でかつ介護職の21%が60歳以上 

介護現場で働く人のうち60歳以上が全体の21.6%を占めたとの2018年度の調査結果を、公益財団法人「介護労働安定センター」が8月14日に公表しました。 7年連続の増加で、65歳以上に限ると12.2% …

今年も既に2人死亡、複数人が重体・・・ 高齢者のお餅はやっぱり危険、介護者も注意!!

今年もお餅を喉に詰まらせる事故が起きています。 東京消防庁は1日、2人が死亡、複数が重体になったと発表しました。   お餅を喉に詰まらせて救急搬送された人の9割は、やはり65歳以上の高齢者な …

京都のグループホームで施設長が利用者に暴言 市が高齢者虐待で初の行政処分

京都府京都市にある「グループホーム京都下京の家」で昨年、当時の施設長が利用者に暴言を吐き、施設側が改善策について虚偽の報告をしたそうです。 京都市は、施設を運営する医療法人社団「長啓会」に対し、新規利 …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細