ニュース

糖尿病治療が楽に!?血糖値に応じて自動的にインスリンを出せる新素材を開発

投稿日:

Pocket

血糖値に応じて自動的にインスリンを出せる新素材を、名古屋大学と東京医科歯科大の研究チームが開発したとの発表がありました!

実用化すれば、患者の皮膚に貼るだけで糖尿病治療ができるようになるとしています。

5年後にヒトでの臨床研究を目指すとの事です。

糖尿病とは血糖値を下げるインスリンを膵臓で作り出せなかったり、インスリンの効きが悪くなったりするものですね。

治療で患者が自分でインスリンを注射する場合、指先で血糖値をはかり、1日に4回程度の注射が必要になったり等、手間がかかりますし、毎日続けるのはかなりの苦痛だったりします。




研究チームは、フェニルボロン酸という有機化合物を高分子のゲルに組み込んだ新素材を開発。

このゲルは、周囲のブドウ糖濃度が低い時には薄い膜のような構造に覆われているそうですがが、濃度が高くなると、1秒以内に分子構造が変化し、膜のような構造が無くなるのだそう。

更に、ブドウ糖濃度が低くなればまた元に戻るとか。

ゲルの中にインスリンを入れておけば、血糖値が高い時にはインスリンを放出し、血糖値が低くなれば膜のような構造に覆われてインスリンの放出が止まるといいます。

実験では、カテーテルの先端に開発したゲルを塗り、糖尿病のマウスの皮下に埋め込んだそう。

ブドウ糖を与える試験では、正常マウスに近いほど血糖値の上昇が抑えられ、低血糖も起こらず、更には効果が3週間持続することも確認出来たそうです。

この研究がヒトでも成功すれば、皮膚に貼るだけでインスリンを注入できる機器が安価に作れる可能性があるとされ、大きく期待されています。




高齢者入所施設だと、糖尿病は切っても切れないものです。

重度の認知症もあっての糖尿病患者だと、毎日注射したりはかなり嫌がったりで難しかったりもします。

この研究の今後に期待です!


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

中国が高齢社会を懸念し日本と“介護実習生教育”で協力

超高齢化社会を迎える中国。 そんな中国の団体が、介護人材の不足に対応する為、介護実習生を受け入れる日本の団体と協力して人材育成を行うことで合意したそうです。 中国では約30年後の2050年に人口が14 …

自己負担2割に上がった利用者、介護サービスの利用中止が負担1割の利用者の約3倍に

自己負担が1割から2割に上がった利用者のうち、1週間あたりの利用単位数の合計を減らした、あるいはサービスの一部を中止した人の割合は3.8%となっているそうです。 サービスを減らした2割の利用者に理由を …

“介護ロボット”導入しても現場のニーズに合わず・・・ ロボットスーツも複数の業務の中では着け外しの時間無い

人材不足が深刻な介護現場で、職員の負担軽減につながると注目される「介護ロボット」。 当初は国や道の補助金も活用できた為導入が進んでいったのですが、現在では“持ち腐れ”となっている事業所も出てきているよ …

「裁判所が泣いた介護殺人事件」が舞台化、各地で公演

2006年京都、介護疲れと生活苦から悲しい殺人事件が起きました。 この事件を題材に、認知症と介護の問題を問いかける社会派舞台「生きる」が2017年11月〜7月まで東京・埼玉・神奈川・広島の各地で公演と …

75歳以上の“老老介護”、初の3割超え

高齢者が高齢者を介護する“老老介護”。 2016年に厚生労働省による国民生活基礎調査が実施されました。 調査は医療や福祉、年金、所得など国民生活の基礎データを全国的に集めて分析するもので、1986年か …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細