ニュース

認知症でも運転を止めない方は3割

投稿日:

Pocket


情報サイト「認知症ONLINE」を運営するウェルクスが、認知症の介護経験者100名を対象に、自動車運転に関するアンケート調査を実施し他との事、その結果をご紹介します。

調査結果によると、認知症の兆候がある家族の運転を止めた経験が「ある」と回答したのは74.1%だったそうです。

そのうち「本人納得の上で中止してもらえた」は19.7%、「あまり納得はしていないが中止してもらえた」が28.1%、「鍵を隠す等、本人の納得なく中止した」が13%となり、運転を中止できている家族は合計6割以上という結果となったとの事。

さらに、運転を中止してもらえたと回答した人のうち、運転免許証を「自主返納した」は57.8%となっていますね!

一方、「本人が納得せず中止できない」の回答は28.9%。

運転を止めてもらえなかった例として、「主治医や警察官に相談したがやんわりとした言い方しかしてくれなかった」「返納したことを忘れてしまう」等が挙げられました。




認知症になっても、本人にはイマイチ実感が無かったり、「自分は大丈夫」という強い思いがあったり、認めたくない思いがあったり、様々な思いがあるのだろうと思います。

しかし、高齢の方だと認知症でなくても視力や聴力の衰えなんかも少なからずありますから、思い切って運転を止めるという決断も当然必要です。

とはいっても、地域によっては車が無ければ何も出来ない、なんて事もあるだろうとは思います。

車の変わりになる“足”を地域社会が準備したり、身内の協力も無くてはならないのだろうと思います(>_<)

この調査は100名を対象とされていますが、全国で見たら多分もっと増えるのだと思います。

まぁそもそも、認知症とはいえ、必ずしもみんなが介護を受けている訳ではありませんから・・・

 

↓簡単!4ステップでふるさと納税↓


介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

選挙での郵便投票、対象を要介護3へ拡大 新たに162万人が対象に

自民、公明両党が、国政や地方の選挙の際に、介護保険制度で介護の必要度が最も重い要介護5などに限定的に認められている郵便投票について、要介護3と4の人にも対象を拡大する公選法改正案をまとめましたね。 高 …

和歌山県で特養の介護職員が県知事賞の“白梅賞”を受賞!!

和歌山県では、知事が地域の社会福祉向上に貢献した人をたたえる“白梅賞”という賞があるのだそうです。 そんな“白梅賞”、今年は県全体で10人が受賞したのだそうですが、その内の一人に特別養護老人ホームとき …

ビールを飲んで肥満&認知症を予防!?キリン研究で解明

ビールの醸造過程で原料のホップから出る苦味成分に、肥満でリスクが高まる認知機能低下を改善する効果がある事をキリンホールディングス傘下の健康技術研究所が解明したと、ロンドンで開催した国際アルツハイマー病 …

新モデル“混合介護”で生活支援多彩に!? 8月から東京・豊島区でモデル事業開始

介護保険サービスと家事など保険の適用を受けないサービスを組み合わせた「混合介護」が、今年8月から東京・豊島区で始まるそうです。 「混合介護」は、入浴介助などの介護保険サービスと、家事などの保険外サービ …

小規模福祉施設、スプリンクラー設置は未だ65% 対策に遅れ、設置費用がネックか

長崎市内の認知症高齢者グループホームで5人が死亡した火災を機に、2年前にスプリンクラーの設置が義務付けられた小規模の福祉施設のうち、対策を終えたのは全体の65・0%にとどまっていると総務省消防庁が発表 …