ニュース

認知症の前段階といわれる“軽度認知障害(MCI)”、およそ半数が認知機能回復

投稿日:

Pocket

認知症の前段階といわれる“軽度認知障害(MCI)”と判定された在宅の高齢者を4年間追跡したところ、半数近くは正常な認知機能を回復したとの研究を、国立長寿医療研究センターのチームがまとめ、米医学誌に発表しました。

MCIは認知症に進行するばかりでなく、相当程度、回復可能な事を示す結果となりました。

チームは、回復した人の生活面の特徴等の分析を進めているそうです。

MCIは「認知症ではないが認知機能の一部が低下」「日常生活は自立」等の特徴があり、いわば認知症と異常なしの間のグレーゾーンなのだそうで、厚生労働省研究班は平成24年時点のMCI人口を400万人と推計され、65歳以上の20%程度がMCIと見られるそう。

チームは、大府市に住む約4200人の高齢者に平成23年から翌年にかけ認知機能テストを受けてもらい、4年後の結果と比較したのだそう。

テストは記憶力、注意力、実行機能、処理速度の各領域で認知機能を評価。

研究開始時点で約740人(18%)がMCIと判定されたとの事で、4年後には、このうち14%が認知症になったが、46%は異常なしのレベルに戻ったのだそう。

回復した人の割合は、機能低下の領域が単独だと39~57%だったが、低下が複数領域にわたると21~26%と低かったそうです。

逆に認知症に進行した人の割合は、複数領域で機能低下がみられた人の方が多かったらしいです。

ただ、MCIからの回復は海外でも報告されているそうなのですが、回復率は2~50%台と研究によって大きな差があるようです(^_^;)


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

2016年度の労災申請が多い業種、一位は介護業

昨日6月30日、厚労省は2016年度の労災補償状況を発表しました。 これによると、過労や仕事による強いストレスが原因で精神障害を発症し、昨年度労災認定された件数は、過去最多の498件であったそうです。 …

“義歯刻印”で徘徊時や災害時の身元確認!!

“義歯刻印法”って、ご存知ですか? 入れ歯やブリッジ等に名前やIDナンバー、もしくは義歯の制作者名を入れるというものです。 日本の義歯刻印の活動は、阪神淡路大震災の翌年、1996年から始まったのだそう …

選挙での郵便投票、対象を要介護3へ拡大 新たに162万人が対象に

自民、公明両党が、国政や地方の選挙の際に、介護保険制度で介護の必要度が最も重い要介護5などに限定的に認められている郵便投票について、要介護3と4の人にも対象を拡大する公選法改正案をまとめましたね。 高 …

大正時代の水洗便器、発見される!製造元にも残っていない貴重すぎるトイレとは!?

滋賀県東近江市の古民家から大正期の水洗用小便器が見つかったらしいです。 TOTOの前身となる会社の製品らしいのですが、やはりとても貴重なものなのだそうで。 古民家はかつての近江商人の邸宅で、近江八幡市 …

90代認知症女性が病院で介護士に性的虐待、怒りの提訴へ

平成27年10月に大阪府内の病院で入院中の90代の女性が男性職員に猥褻な行為をされたと、病院と職員に慰謝料200万円を求め、今年5月、大阪地裁に訴訟を起こしたのだそうです。 対する職員は聞き取りに対し …