ニュース

認知症の前段階といわれる“軽度認知障害(MCI)”、およそ半数が認知機能回復

投稿日:

Pocket

認知症の前段階といわれる“軽度認知障害(MCI)”と判定された在宅の高齢者を4年間追跡したところ、半数近くは正常な認知機能を回復したとの研究を、国立長寿医療研究センターのチームがまとめ、米医学誌に発表しました。

MCIは認知症に進行するばかりでなく、相当程度、回復可能な事を示す結果となりました。

チームは、回復した人の生活面の特徴等の分析を進めているそうです。

MCIは「認知症ではないが認知機能の一部が低下」「日常生活は自立」等の特徴があり、いわば認知症と異常なしの間のグレーゾーンなのだそうで、厚生労働省研究班は平成24年時点のMCI人口を400万人と推計され、65歳以上の20%程度がMCIと見られるそう。

チームは、大府市に住む約4200人の高齢者に平成23年から翌年にかけ認知機能テストを受けてもらい、4年後の結果と比較したのだそう。

テストは記憶力、注意力、実行機能、処理速度の各領域で認知機能を評価。

研究開始時点で約740人(18%)がMCIと判定されたとの事で、4年後には、このうち14%が認知症になったが、46%は異常なしのレベルに戻ったのだそう。

回復した人の割合は、機能低下の領域が単独だと39~57%だったが、低下が複数領域にわたると21~26%と低かったそうです。

逆に認知症に進行した人の割合は、複数領域で機能低下がみられた人の方が多かったらしいです。

ただ、MCIからの回復は海外でも報告されているそうなのですが、回復率は2~50%台と研究によって大きな差があるようです(^_^;)


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

介護食“穴玉丼” 被災地の企業で女子大生考案、森永とコラボ

東日本大震災被災地の企業で職業体験をしたのをきっかけに、愛知県の女子大学生が、宮城県石巻市産のアナゴを使った介護食“穴玉丼”を考案し、あの大手企業、森永乳業が商品化しました!! 考案したのは愛知県にあ …

身近な人が認知症になった時の対応をゲームで学ぼう! 大学生が制作、無料公開

身近な人が認知症になった時、戸惑わずに適切な対応ができるようにと、愛知県にある日本福祉大学社会福祉学部の学生たちが2種類のゲームをつくり、インターネット上で無料公開しています。 子どもから大人まで楽し …

誤嚥性肺炎で特養訴訟

埼玉県の特養に入所していた高齢女性が介護ミスで死亡したとして、遺族が施設の運営法人に約4千万円の損害賠償を求める訴訟を起こす、というニュース。 亡くなったのは女性は当時86歳で要介護度4、認知症を患っ …

リクルートが介護のムック本を出版!! 様々なエピソードで介護業界のイメージアップを

(株)リクルートキャリアが、介護業界のイメージアップに向けたムック本を出版しました。 介護職と利用者のエピソードを紹介するとともに、ICT(情報通信技術)活用の実例についても掲載しているそうです。 表 …

“モフトレ”で介護者の負担減&高齢者の自立支援!?

今日8月4日、Moff、三菱総合研究所、早稲田エルダリーヘルス事業団は、IoTを活用した高齢者の自立支援サービス“モフトレ”の提供を開始しました。 このモフトレというのは、3Dモーションを計測できる腕 …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細