ニュース

高所得の高齢者、高額介護サービス費自己負担の上限を引き上げ

投稿日:

Pocket

次の介護保険制度の見直しに向けた協議を重ねている厚生労働省が、所得の高い高齢者を対象に自己負担の月々の上限額を引き上げる方針を固めたそうです。

高額介護サービス費の仕組みを見直し、2021年度にも導入するようで、膨張する給付費の伸びを抑え、制度の持続性を高める狙いがあるとみられています。

介護サービスの利用者が支払う自己負担には、個々の所得などに応じて上限額が設定されています。

ひと月に支払った合計が上限額を上回った際に、その超過分を後から払い戻す制度が高額介護サービス費です。

現行の上限額は3段階。 生活保護を受けている人などが1万5000円、全員が住民税を課税されていない世帯などが2万4600円、それ以外が4万4400円となっています。

厚労省は前回の制度改正でも上限額の見直しを実施。 それまでは3万7200円だった住民税を課税されている世帯など(一般)を、現役並みに所得がある世帯と同じ4万4400円とした経緯があります。

厚労省は今後に向けて、現役並みに所得のある世帯を新たに細分化する方向で検討を進めているようです。 現在は課税所得145万円以上(年収383万円以上)などの世帯を1つのグループとして扱っています。

年収が約770万円以上ある世帯の上限額を9万3000円へ、約1160万円以上ある世帯の上限額を14万100円へ引き上げるのだそうです。医療保険の高額療養費を一部踏襲した区分設定という事です。

政府内ではこのほか、自己負担の2割、3割の対象者を拡大することも検討されているそうです。 財務省は今週中に改めて提言を行う予定。 官邸に新設された「全世代型社会保障検討会議」でも取り上げられる見通しです。 与党内の調整も近く本格化するとみられていて、厚労省は年内に方針を固める考えとされています。

所得の高い高齢者だけとはいえ、負担上限額を引き上げればより質の高いサービスが介護士には求められるようになるのでしょうね(^_^;)

給料に変化はない中で、求められる事だけ増えてしまうと大変ですね。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

60代以上の3人に2人は“高齢者の自覚無い”が、7割が“敬老の日に祝って欲しい”

ちょっと面白いアンケート結果を見つけました~。 楽天市場が孫を持つ60歳以上の男女600名を対象に“イマドキシニアに関するホンネ調査”を行いました。 これは楽天市場が9月18日(月)の敬老の日に向けて …

“学校教育”が認知症の予防の鍵!? 欧米では長期の学校教育で認知症発症率が減少

欧米では、なぜだか、認知症になる人の割合が減ってきているそうです。 理由の一つとみられるのが、若いころに受ける「教育」なんだとか。 教育の充実によって、なんと認知症の約8%を防げるという。 イギリスの …

介護・福祉の適職フェア「カイゴジョブフェスタ」全国10都市で開催!自分に合う職場がきっと見つかります!!

株式会社エス・エム・エスが運営する介護職向け求人・転職情報サイト「カイゴジョブ」 主催の介護・福祉の適職フェア「カイゴジョブフェスタ」が全国10都市で開催されます。 介護業界の離職理由の多くは、 一般 …

介護業界へ入職のハードル下げる??全国共通の入門研修制度創設へ

昨日、厚生労働省は、介護現場の深刻な人手不足を補う為、介護の経験がない人を対象にした全国共通の入門研修制度を創設する方針を決めめた、というニュースが飛び込んできました。 今までは一部自治体で独自の研修 …

自己負担2割に上がった利用者、介護サービスの利用中止が負担1割の利用者の約3倍に

自己負担が1割から2割に上がった利用者のうち、1週間あたりの利用単位数の合計を減らした、あるいはサービスの一部を中止した人の割合は3.8%となっているそうです。 サービスを減らした2割の利用者に理由を …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細