ニュース

高齢者の救急搬送、8割が“転倒” 更にその内9割が室内で転倒

投稿日:

Pocket

東京消防庁は10月12日、「救急搬送データからみる高齢者の事故」について発表しました。

2016年の交通事故を除いた日常事故による都内65歳以上の高齢者救急搬送人員は前年と比べて5.9%増の7万2198人。

2012年比では21.5%増となっているそうです。

2016年の搬送の原因は“転倒”で、81.5%を占めているのだとか。

2016年に5万1488人が搬送された高齢者転倒事故の発生場所を見てみると、「住宅等居住場所」が55.9%で2万8797人で、この内およそ9割の2万6400人が屋内で転んでいる事から、転倒による搬送者の半分以上は住宅屋内での事故が原因のようです。

転倒事故の住宅内での発生場所で多いのは1位が「居室・寝室」で1万9580人、2位が「玄関・勝手口」で2740人、3位が「廊下・縁側」の1965人。

2016年の転倒による救急搬送高齢者の初診時の負傷程度は「軽症」が最多で60.5%ですが、生命の危険はないが入院の必要がある「中等症」が39.0%となっています。




2016年の“転倒”の次の事故原因は“転落”で10.9%。

2016年の転落による搬送者数は前年比4.2%増の6863人だそうで、2016年の転落事故の発生場所は「住宅等居住場所」が最多で70.7%。

発生場所は「階段」が最多で3354人、次いで「ベッド」が1061人、「椅子」が499人との事です。

2016年の転倒による救急搬送高齢者初診時の負傷程度は「軽症」が54.7%。

一方で「中等症」41.4%、生命の危険が強い「重症」は2.4%、生命の危険が切迫している「重篤」は1.3%で、4割以上が入院の必要があったのだそうです。

“転倒”や“転落”は身近に度々起こり得るものですが、命にも関わる事故に繋がります。

段差が無くても躓いたりもしますから、注意してもし足りませんよね・・・


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

過労死から自らを守る為の“隠れ疲労”3つのサイン

長時間労働による「過労死」が問題視され、現在働き方改革が推進されています。 ですが、介護業界は慢性的な人手不足等もあり、なかなか難しいところも。 自分自身で過労死から身を守る必要もありますよね。 その …

京都府の介護施設でノロウイルス集団感染・・・ 職員も感染、入院する利用者さんも

京都府にある総合老人福祉施設「はごろも苑」にて、ノロウイルスの集団感染が発生したそうです。 はごろも苑によると、1月9日、18人の利用者が嘔吐、下痢などの症状を訴えており、その内12人からノロウイルス …

今年も伸びた平均寿命、男女とも過去最高を更新!!!

先月の27日、厚生労働省から日本人の平均寿命が男性は80.98歳、女性は87.14歳になったと発表されました。 男性は5年連続、女性は4年連続で過去最高を更新していて、男性は前年から0.23歳、女性は …

介護職員のおよそ6割が「慢性的疲労」 長野県民連の調査で

長野県で県民連が、県内約900の事業所を対象にアンケートを行ったそうなのですが、41%が「疲れが翌日に残ることが多い」、15%が「休日でも回復せず、いつでも疲れている」と、介護施設で働く職員の56%が …

神奈川県大和市、認知症高齢者の鉄道事故に賠償金の肩代わり制度を新設 最大で3億円

神奈川県大和市は、認知症の高齢者の電車事故等の際に家族が高額の損害賠償を求められた場合などに最大3億円の賠償金を肩代わりする制度を新設するのだそう。 市が民間の保険に加入して対応するそう。 公費でこう …