ニュース

70代男性が肺炎で死亡、原因は肺炎球菌の予防接種の可能性 国が認めるのは初

投稿日:

Pocket

宮崎県都城市が、市内の70代男性が2015年、市が実施した肺炎球菌の定期予防接種を受けた後に間質性肺炎のため死亡した、と明らかにしました。

国は「予防接種のワクチンが関与した可能性が否定できない」として、遺族に予防接種健康被害救済制度に基づく遺族年金などを給付することを決めています。

厚生労働省によると、14年10月から始まった高齢者を対象にした肺炎球菌の定期予防接種で、接種が死亡原因の可能性があると国が認めたのは初めて。

都城市によると、男性は15年9月に市内の医療機関で肺炎球菌の予防接種を受け、5日後に間質性肺炎の疑いで入院、接種から22日後に死亡。

遺族の申請に基づき、国の認定審査会の審査を経て、国が認定したようです。

市はかかった医療費や遺族年金を最大10年間にわたり年約240万円給付するのだそう。

厚労省によると、高齢者の主な死亡原因である肺炎の30%前後は、肺炎球菌が原因。

全国で毎年250万~280万人が肺炎球菌の予防接種を受けている。

肺炎を予防するはずが、予防接種が原因で肺炎になってしまう。

よくある事では無いと思いますが、予防接種するのも不安になってしまいますね。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

認知症患者がキャノーラ油を摂取すると認知症が進む!?アメリカの驚きの研究結果

日々の料理に欠かせないキャノーラ油。 そんなキャノーラ油について、ある研究結果が発表されました。 アメリカのテンプル大学の研究グループがアルツハイマー病のマウスにキャノーラ油を与えたところ、学習能力と …

Pepperがついに移動巡回! 介護施設での徘徊発見などに活用

自律的に移動して巡回するPepper。 床に貼られたマーカーの範囲内を巡回し、人を見つけると近づいて声かけをする。 警備巡回や万引き防止、介護施設などでの徘徊の発見に役立つとされています。 Peppe …

介護中と一目で分かる“介護マーク”、認知症の家族の介護に安心を

“介護マーク”。 介護が必要な妻のトイレに夫が付き添ったり、女性物の下着を買ったり、そんな場面で頼りになるのがこのマーク。 これは元は静岡県が6年前に全国で初めて作成、その後国の後押しもあって各地に広 …

介護ロボ導入で人員基準を緩和の政府構想、相次ぐ慎重論

今年の成長戦略の方針として、政府は次期改定の際に、介護報酬や人員・設備基準の見直し等制度上の対応を行うとしています。 ロボットやセンサー、ICTなどの新たな技術を駆使した機器を上手く取り入れる事が出来 …

介護職の退職理由1位は“人間関係”・・・ 「介護労働者の就業実態と就業意識調査」の結果が発表!

公益財団法人介護労働安定センターが、2017年度の「介護労働者の就業実態と就業意識調査」を発表しました。 調査は昨年の10月、介護保険サービス事業を実施する事業所で、介護にかかわる労働者のうちから無作 …