ニュース

2016年度の労災申請が多い業種、一位は介護業

投稿日:

Pocket


昨日6月30日、厚労省は2016年度の労災補償状況を発表しました。

これによると、過労や仕事による強いストレスが原因で精神障害を発症し、昨年度労災認定された件数は、過去最多の498件であったそうです。

雇用形態別では、正規職員・従業員が448人と圧倒的に多く、精神障害による自殺者数も、正規職員・従業員が80人いるのに対し、契約社員、パート・アルバイト、その他(特別加入者等)は0人だった。

労災認定された人を年齢別に見ると、30~50代では昨年より数件減少したとの事ですが、逆に10代と20代では増加しているのだそう。

1か月の平均残業時間は、20時間未満が84件、20時間以上100時間未満が131件、100時間以上160時間未満が107件、160時間以上は52件、となっています。

20時間未満でも84件となると、必ずしも労働時間が問題であるとは言えないような結果となっていますね(^_^;)




精神障害による労災申請が多い業界はというと、一位“社会保険・社会福祉・介護事業”(167件)、二位“医療業”(134件)、三位“道路貨物運送業”(84件)だったそうです。

介護職は、勿論施設等によるとは思いますが、残業時間自体はそこまで多くはないのかもしれませんが、それでも認知症の方とのお付き合いもなかなかシンドイ、ということでしょうか・・・

認知症の方からの暴力や暴言、セクハラといった問題は絶えませんし、やり返せないやり場の無いやるせなさを感じたりもしますからね(>_<)

勿論職員同士の人間関係も原因に成り得る訳ですがね(^_^;)

 

自然派入浴剤でリフレッシュ



介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高齢者が光る!?反射材で夜間事故防止!

テレビ等では高齢者の運転事故ばかり取り上げられていますが、歩行者側として夜間帯に事故に巻き込まれる事も少なくありません。 認知症高齢者の徘徊等もありますからね。 そんな中、京都府長岡京市と向日町署は高 …

介護付き高齢者スナック、女性介護士「ママ」に高齢者向け特化の設備が充実

異色の飲食店、「介護付き高齢者スナック Go To Heaven」。 開店以来、75歳以上の男性客で賑わっているという。 今年1月にオープンした店を切り盛りするのは、ママで介護士の富澤綾子さん(24) …

自宅で認知症進行予防!?富山県の企業がそんなアプリを開発中~

富山大学五福キャンパス工学部敷地内の新産業支援センターの一室にオフィスを構えるITベンチャーのキュアコード株式会社は、在宅で認知症の進行を予防するアプリを開発しているとの事。 水分補給等のスケジュール …

高齢者の救急搬送、8割が“転倒” 更にその内9割が室内で転倒

東京消防庁は10月12日、「救急搬送データからみる高齢者の事故」について発表しました。 2016年の交通事故を除いた日常事故による都内65歳以上の高齢者救急搬送人員は前年と比べて5.9%増の7万219 …

車に貼られた“車椅子マーク”、実は道路交通法で認められていないマークだった!?

車に貼られているのをよく見かける、若葉やもみじ、四つ葉、蝶といったマーク。 それぞれ、初心者、高齢者、身体障害者、聴覚障害者であることを周囲に報せるものです。 これらは、やむを得ない場合を除き、これら …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細