ニュース 事件

誤嚥性肺炎で特養訴訟

投稿日:2017年7月8日 更新日:

Pocket

埼玉県の特養に入所していた高齢女性が介護ミスで死亡したとして、遺族が施設の運営法人に約4千万円の損害賠償を求める訴訟を起こす、というニュース。

亡くなったのは女性は当時86歳で要介護度4、認知症を患っており、身体機能も座位の保持も難しい状態。

原告の女性の息子2人と代理人弁護士によると、事故は夕飯時に起き食事を飲み込んだ後に吐き出す動作をくり返し、病院に救急搬送されたが、およそ一月後に亡くなったのだそう。

死因は“誤嚥性肺炎”。

施設が提出した事故報告書では、食事介助の際に上半身を起こすベッドの角度を過度に垂直に近づけた事、食事を早く食べさせ過ぎた事を認めているとの事。




遺族は謝罪され和解金の提示も受けたそうですが、「入院中の見舞いにも葬儀にも来ず、誠意を感じなかった。命を扱う事業者として責任感を持ってほしい」と提訴を決めたそう。

遺族は「同様の事故を減らすため、裁判で原因や背景を明らかにしたい」。




施設内での詳細な様子等が分からないので何とも言えませんが、特養で働いているあきすけは色々と思うことがあります。

それはそうと、介護の仕事って、賃金の割りにガッツリ命を預かっている癖に責任と負担ばかり半端ないね!!

・・・なんて事も、介護と真面目に向き合ってない職員は感じたりせずに、只の作業と化していたりするのかな~(^_^;)

いやぁ、食事介助は怖いですね~。

 

 






介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース, 事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高齢者が光る!?反射材で夜間事故防止!

テレビ等では高齢者の運転事故ばかり取り上げられていますが、歩行者側として夜間帯に事故に巻き込まれる事も少なくありません。 認知症高齢者の徘徊等もありますからね。 そんな中、京都府長岡京市と向日町署は高 …

75歳以上の“老老介護”、初の3割超え

高齢者が高齢者を介護する“老老介護”。 2016年に厚生労働省による国民生活基礎調査が実施されました。 調査は医療や福祉、年金、所得など国民生活の基礎データを全国的に集めて分析するもので、1986年か …

車に貼られた“車椅子マーク”、実は道路交通法で認められていないマークだった!?

車に貼られているのをよく見かける、若葉やもみじ、四つ葉、蝶といったマーク。 それぞれ、初心者、高齢者、身体障害者、聴覚障害者であることを周囲に報せるものです。 これらは、やむを得ない場合を除き、これら …

中国が高齢社会を懸念し日本と“介護実習生教育”で協力

超高齢化社会を迎える中国。 そんな中国の団体が、介護人材の不足に対応する為、介護実習生を受け入れる日本の団体と協力して人材育成を行うことで合意したそうです。 中国では約30年後の2050年に人口が14 …

アメリカ老人ホーム、ハリケーンで冷房止まり8人死亡

大型ハリケーン「イルマ」に襲われたアメリカ南部フロリダ州の老人ホームで冷房設備が停止、8人が亡くなったそうです。 地元メディアによると、フロリダ州のハリウッドにある老人ホームで13日、脱水症状等による …