施設にて

他人の物だけど「私のなんだよ」

投稿日:

Pocket

最近収集癖がひどくなってきたおばあさま。

昨日は他利用者の所有するラジオを持って行こうとしていました。

ちょっと聞いてみると・・・

「私のなんだよ」

そのおばあさまは少なくとも特養に入所されて以降ラジオを聞く習慣もなく、実家からラジオを持ってきて貰ったり新しく購入したりもしていません。

暫く傾聴していると最終的には・・・

「私のとは色がちょっと違うかもね!」

そう言って笑いながらお部屋へ帰って行かれました。




ラジオに対して強い思い入れがある訳でもなかったので今回は割りとあっさり退いてくれましたが、ダメなときは本当に納得してもらえませんからね(´・ω・`)

最近は他利用者の居室に入って物色していく事も増えてきていて、なかなかの悩みの種なのです・・・

じっくりお話を伺って、上手い事本人の納得出来る状態を作り出す事こそが!!

・・・まぁ、それが難しいのが認知症なのですがね(^_^;)

 

暑さ対策には、クールにひんやり、CCT冷感タオル



介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-施設にて

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

見守り≒拘束!?

例えば歩行状態不安定な方がいたとして、危ないからと常に付き添い見守りを行うというのは決して間違っているとは言えないと思います。 しかし付き添われる側は、常に隣や後ろに付いて回られてどのように感じるでし …

「こんなの(発達障害)病気って言わないよ」

今ではメジャーな事が昔は知られていなかった、という事は多くあると思います。 例えば「発達障害」。 現代では子供のおよそ15人に1人の割合だとも言われており、むしろ「個性」として見ていこうという考えも広 …

夏日でも「寒い」

ここ数日とても暑いですね! 働いていると汗が溢れる溢れる! ですが、施設のおばあさま方はというと・・・ 「寒いね」 なぬ!? 確かに高齢者の方が寒がりにはなりますよね。 そもそも若者と比べると筋肉量や …

おじさん!?

そういえば、介護の仕事を始めてまだ一月程の頃、まだ20代前半だった自分に対して80過ぎのおばあさまが「おじさん!」って 生まれて初めて「おじさん」って呼ばれたのが小さな子供からではなく自分の何倍も長く …

方言ミックス

あきすけの働く特養にいる利用者さん方、生まれは日本各地津々浦々。 様々な地方の方言が飛び交います。 といっても意味が理解できない、なんて事はありません。 単語だったり訛りだったり、聞いていて楽しいです …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細