ニュース 未分類

水道水で認知症発症リスクが低下!?デンマークが研究

投稿日:

Pocket

水道水という身近な存在が認知症に与える影響を分析した研究結果が、デンマークのコペンハーゲン大学の研究者らによって2017年8月23日に発表されました。

リチウムは大量に摂取すると中毒や甲状腺の機能障害を起こすとされていますが、実は双極性障害の治療薬としても使用されており、そもそも単なる有害な金属ではないそうです。




リチウムは海水や岩石にも含まれ、水道水や食品中にも微量存在している為、日常的に少なからず摂取していると言えるようです。

更に、微量とはいえ脳機能や心理面に与える影響が大きいとされていて、アメリカや日本で過去に行われた調査では、水道水中のリチウム濃度が高い地域ほど自殺率が低いという結果も出ているのだそう。

こうした調査結果から、コペンハーゲン大学の教授らは認知症にも何らかの効果があるのではないかと推測し、認知症を発症している7万3731人と発症していない73万3653人のデータを抽出し、居住地域の水道水を調査したそう。

まず、水道水中のリチウム量が「適量(1リットルあたり5.1~10マイクログラム)」とされる水道水を飲んでいた人は、「低量(1リットルあたり5マイクログラム未満)」の水を飲んでいた人に比べ認知症発症リスクが22%増加していたのだそう。

更に、「高量(1リットルあたり15マイクログラム以上)」の水を飲んでいた人と「低量」の人と比較すると、前者はリスクが17%低下していた。




しかし今回の結果は、リチウムが認知症を抑制するという因果関係を明らかにした訳ではなく、あくまでも両者の相関関係を示したのみ。

 その上、水道水以外の条件を考慮していないので、例えばリチウム濃度が適量な地域は低量や高量な地域に比べて認知症リスクを高める何らかの環境要因がある等の可能性も否定できないという事です。

ですが、もし水道水が認知症発症リスクが低下するのであれば、本当に身近な物で認知症対策が出来る訳ですから、素晴らしい発見ですね!!


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース, 未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

京都の病院で結核集団感染 職員も感染、死亡者も

京都市にある宮崎神経科嵯峨病院が、院内で結核の集団発生があったと発表しました。 入院患者1人が死亡したほか、患者19人と職員1人が感染し、うち患者8人が発病したそうです。 入院患者の70代の男性が10 …

息子(80)の面倒を見る為に、同じ高齢者施設に入所した母(98)!?イギリスでの出来事

「いくつになろうが親にとっては子は子」と言われます。 イギリスであるおばあちゃんが息子にした事が大きなニュースとなっているようです。 なんと、高齢でありながら我が子の面倒を見るために、息子がいる高齢者 …

アルツハイマー病に効く薬、iPS細胞で特定 治療につながると期待

認知症の内、最も多いのがアルツハイマー病。 そのアルツハイマー病で、患者の脳にたまる特定のたんぱく質を減らす効果がある薬を、京都大の研究グループが、患者らから作ったiPS細胞を使って特定したそうです。 …

小規模福祉施設、スプリンクラー設置は未だ65% 対策に遅れ、設置費用がネックか

長崎市内の認知症高齢者グループホームで5人が死亡した火災を機に、2年前にスプリンクラーの設置が義務付けられた小規模の福祉施設のうち、対策を終えたのは全体の65・0%にとどまっていると総務省消防庁が発表 …

介護付き高齢者スナック、女性介護士「ママ」に高齢者向け特化の設備が充実

異色の飲食店、「介護付き高齢者スナック Go To Heaven」。 開店以来、75歳以上の男性客で賑わっているという。 今年1月にオープンした店を切り盛りするのは、ママで介護士の富澤綾子さん(24) …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細