解説

「転倒」や「認知症」で安楽死 ~オランダの安楽死事情~

投稿日:

Pocket

オランダは世界で初めて安楽死法を法制化した国です。

癌末期患者の苦しみを解放する為、というのが元々の理由だったそうです。

しかしその後、精神的苦痛も加味され、癌以外にも幅広く安楽死が施工されています。

例を2つ程挙げさせて頂きます。

転倒が嫌で安楽死

「これ以上転ぶのは嫌だ。車椅子は使いたくないし、病院にも行きたくない。安楽死したい」

身体の衰えにて転倒が増えたという男性。

頑固な性格で人の助けは決して借りたくないタイプ。

しかし、意識もしっかりしているし、歩行困難ではあれど直接的な生命の危機なんかは無い。

それでも車椅子を拒否して安楽死を選ぶというのは、日本にいるとなかなか思いもしない事だと思います。

個人の意思を尊重する社会的規範が確立していればこそですね。

認知症で安楽死

10年前に認知症が発症した女性。

その際に「安楽死を望みます」という書類を書いていたのだとそう。

次第に認知症が進んでいき、10年前に書き上げていた安楽死の要望書は、その後本人の意思ということが認められ、安楽死が行われた。

オランダで安楽死した人は、2016年に6091人。

安楽死を選んだ人のうち、最も多いのは癌患者が4137人。

しかし、認知症での安楽死も年々増えていて、141人で安楽死者全体の2.3%だそうです。

これも本人の意思、判断を第一に尊重する社会ならではですよね(>_<)

まとめ

あきすけは特養勤めなのでターミナルケアなんかも度々行っておりますし、死というものに何度も接しておりますが、本人だけでなくご家族さんも数日、数週間をしんどい思いをしながら過ごされております。

そういう姿を見ていると、安楽死も選択肢の一つとしてありなのかなと感じます。

日本は超高齢社会ですので、安楽死というものについても考えていかなければならない日が近づいているのかもしれませんね。

 


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

認知症の治療

認知症では、記憶や様々な行動に障害が現れます。 しかし、認知症の治療といっても現段階では失われた機能を完全に戻す事はできません。 残っている身体的・精神的機能をなるべく長く維持する事が治療の目的となっ …

年末年始で久々の帰省の際に確認すべき、親が認知症かどうかチェックする5つの方法

この年末年始で実家に帰省されるという方もいらっしゃると思います。 ですが、その中には久々に会う両親や祖父母の変わった姿を見て、改めて「介護」を意識することになる、なんて事もあるかもしれません。 遠距離 …

祖母の失念で男児死亡・・・ 認知症方が起こした事件にはどんな刑罰が?

8月2日、仙台市の民家の駐車場に停められた乗用車内で、3歳の男児がぐったりした状態で見つかり、病院で死亡が確認された事件がありました。 死因は熱中症の可能性が高いとされています。 祖母が車内に男児がい …

高齢者の粗食は危険がいっぱい!?注意すべき事は?

若い頃よりも“粗食”を心掛け、「魚を食べる事が多くなった」という高齢者は少なくないでしょう。 朝の食卓に上る機会の多い焼鮭は特に人気が高く、「パリパリの皮まで食べてしまう」という人も多いそう。 しかし …

ヒヤリハットで裁判が不利になる?

“ヒヤリハット”ってご存知ですか? ヒヤリハットとは、簡単に言うと事故には至らなかったけれどもヒヤッとしたり、ハッとした事柄の事です。 これは本で読んだ話なのですが、あるリスクマネジメントセミナーにて …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細