解説

「転倒」や「認知症」で安楽死 ~オランダの安楽死事情~

投稿日:

Pocket

オランダは世界で初めて安楽死法を法制化した国です。

癌末期患者の苦しみを解放する為、というのが元々の理由だったそうです。

しかしその後、精神的苦痛も加味され、癌以外にも幅広く安楽死が施工されています。

例を2つ程挙げさせて頂きます。

転倒が嫌で安楽死

「これ以上転ぶのは嫌だ。車椅子は使いたくないし、病院にも行きたくない。安楽死したい」

身体の衰えにて転倒が増えたという男性。

頑固な性格で人の助けは決して借りたくないタイプ。

しかし、意識もしっかりしているし、歩行困難ではあれど直接的な生命の危機なんかは無い。

それでも車椅子を拒否して安楽死を選ぶというのは、日本にいるとなかなか思いもしない事だと思います。

個人の意思を尊重する社会的規範が確立していればこそですね。

認知症で安楽死

10年前に認知症が発症した女性。

その際に「安楽死を望みます」という書類を書いていたのだとそう。

次第に認知症が進んでいき、10年前に書き上げていた安楽死の要望書は、その後本人の意思ということが認められ、安楽死が行われた。

オランダで安楽死した人は、2016年に6091人。

安楽死を選んだ人のうち、最も多いのは癌患者が4137人。

しかし、認知症での安楽死も年々増えていて、141人で安楽死者全体の2.3%だそうです。

これも本人の意思、判断を第一に尊重する社会ならではですよね(>_<)

まとめ

あきすけは特養勤めなのでターミナルケアなんかも度々行っておりますし、死というものに何度も接しておりますが、本人だけでなくご家族さんも数日、数週間をしんどい思いをしながら過ごされております。

そういう姿を見ていると、安楽死も選択肢の一つとしてありなのかなと感じます。

日本は超高齢社会ですので、安楽死というものについても考えていかなければならない日が近づいているのかもしれませんね。

 


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

75歳で高齢者、65歳は准高齢者、90歳から超高齢者

少し前にニュースなんかでも取り上げられていた話題。 今年の1月に学会で、65歳以上と定義されている「高齢者」を75歳以上に見直すよう求める提言をされたそうです。 また、65~74歳はまだまだ活発な社会 …

“義歯刻印”で徘徊時や災害時の身元確認!!

“義歯刻印法”って、ご存知ですか? 入れ歯やブリッジ等に名前やIDナンバー、もしくは義歯の制作者名を入れるというものです。 日本の義歯刻印の活動は、阪神淡路大震災の翌年、1996年から始まったのだそう …

排尿障害とは

“排尿障害”と聞くと、なんとなく難しい病気のように感じてしまいます。 ですが実は、「夜何度もトイレに起きる」とか、「くしゃみでお腹に力が入ると尿がもれてしまう」といった症状を指し、割と身近なものなんで …

介護の仕事を英語で言うと?

さて、介護には資格がいっぱいありますが、 介護士は辞書によってはnurseと表記されているようです。 昔は“介護”はあくまで“看護の内の一部”であったのでしょう。 ですが、今は介護の仕事も細分化されて …

介護職員なら気を付けるべき、牡蠣によるウイルス感染と食べ方の注意点とは!?

牡蠣は「海のミルク」と呼ばれ、グリコーゲンのほか、タンパク質やカルシウム、亜鉛等のミネラル類をはじめ、様々な栄養素が含まれています。 海の栄養分を濃縮して蓄積しているという良い点もありますが、逆に有害 …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細