ニュース 解説

【事例あり】“抗認知症薬”で暴力・暴言が増加!?逆に減薬も効果あり!

投稿日:

Pocket

認知症の進行を遅らせる効果がある“抗認知症薬”の服用により患者の暴力や暴言がひどくなったと悩む介護者は少なくないのだそうで。

厚生労働省は昨年、抗認知症薬の投与を規定量未満に減らす事を認めましたが、勿論その結果認知症が進行する可能性もあります。

ある男性(70)は4年前にアルツハイマー型認知症と診断された妻(69)を介護していますが、おとなしい性格だった妻が、抗認知症薬の服用を始めてから感情が異常に高ぶりやすくなったとして抗認知症薬の量を半分に減らしてもらったそう。

男性への暴力だけに留まらず、道端で談笑している近所の人たちに「うるさい」等と暴言を吐いたりと感情の高ぶりは次第に激しくなっていたとの事で、主治医に相談したところ、薬を減らすよう勧められ減薬に踏み切ったのだそう。

男性は「蹴ったり殴ったりはおさまらないが、怒らなくなったかな」と話されています。

国内で承認されている抗認知症薬は現在4種類あり、脳の神経伝達を維持したり、神経細胞の損傷を防いだりする事で、物忘れなど認知症の症状の進行を遅らせるとする物です。

ですが、脳の働きが活発になる事で意欲をつかさどる部分が活性化され、暴力や暴言、妄想、徘徊等を増幅させてしまう事があるという。

医師は患者の日常生活の様子を継続して見られないので、薬の減量や中止を決めるのは最終的に本人や家族の判断となります。




家族の接し方が、患者の暴言や暴力を引き起こしている場合もある。

ある男性(77)は認知症の妻(71)を介護していたが、妻の徘徊や暴力、暴言が酷かった為、主治医に相談すると「薬が合わないのかも」と言われ、一カ月中止。

すると、妻の攻撃性が消えて機嫌が良くなったそうで、当初は一度中止した後に半量を服用する予定だったが、思い切って薬をやめたのだそう。

同時に、妻への接し方も変えたそう。

会話の中で妻の勘違いをいちいち指摘し、言い争うことが多かったが、やりたいようにやらせることにしたところ、「にこにこして、妻をおだてるようにすると、おだやかになった」そう。

認知症患者の心の動きや行動に影響する要素は多様で、症状を把握するためには細かく患者を観察することが必要となります。

感情が不安定で暴力や暴言に発展する場合は、いつ、だれが対象なのかなど細部を見るほか、日ごろの食事量や食べ方などにも気を配り、食欲不振になっていないかも確認する必要がありますね。


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース, 解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

結婚すると認知症発症のリスクが減る!?およそ40%のリスク低減も

結婚する事で認知症リスクが低減する可能性があるとした研究論文が発表されました。 80万人以上のデータを対象とした今回の研究によると、生涯独身の人は、アルツハイマー病やその他の認知症にかかるリスクが約4 …

介護職員の虐待を防げ!?労使協定で職場改善改善へ

先日、介護職員でつくる労働組合の「日本介護クラフトユニオン」が現場での高齢者や障害者への虐待防止に向け、介護事業者40社と、職場環境改善に取り組む労使協定を結んだと発表しました。 職員のストレスが虐待 …

介護計画作成をAIが行うようになる!? 厚労省が効果検証の全国調査へ

厚生労働省は、介護保険サービス利用者のケアプランの作成に人工知能(AI)を活用する「AIケアプラン」の導入に向け検討に入りました。 AIの開発状況や活用事例について、8月にも全国調査を開始。 要介護者 …

噂:個別ケアがしたいから従来型特養は選ばない

専門学校等で介護の勉強をしている新卒の方々は「個別ケア」がしたいから就職先に従来型特養は選ばないらしいという噂を聞きました。 あきすけは従来型の特養で働いているので、ちょっぴり切ない 従来型は個別ケア …

高齢者の製品死亡事故、5年間で126件も

今年3月までの5年間に報告が寄せられた製品事故の内、65歳以上の高齢者が関わっている事故は1280件に上っているそうです。 その中で、ストーブの扱いを誤って火事を起こしたり、介護ベッドの手すりに首を挟 …