ニュース 解説

過労死から自らを守る為の“隠れ疲労”3つのサイン

投稿日:

Pocket

長時間労働による「過労死」が問題視され、現在働き方改革が推進されています。

ですが、介護業界は慢性的な人手不足等もあり、なかなか難しいところも。

自分自身で過労死から身を守る必要もありますよね。

そのためには「隠れ疲労」を見逃してはいけません。




仕事や運動をした後は、誰もが「疲れた」と感じます。

しかしこれは、エネルギーを消費したことで体が疲れてしまった、という訳ではないようです。

仕事や運動くらいでは、エネルギーが枯渇して疲労を起こすことはほとんどありません。

それでも疲れたと感じるのは、脳の中にある自律神経の中枢に大きな負担がかかったからです。

自律神経は、脈拍、呼吸、血圧、体温、睡眠といったあらゆる身体活動をコントロールしています。

仕事や運動によってその自律神経が酷使されると、脳は『疲労感』を自覚させようとします。

それ以上、体を動かすなどして自律神経に大きな負荷をかけないようにする為なのだそうです。




ただ、実際に疲労が蓄積していても、人間は疲労感を覚えないケースがあるという。

自律神経の中枢が疲弊し、『疲労した』という情報を収集して疲労感として自覚させるのは大脳の前頭葉にある眼窩前頭野という部分です。

前頭葉は『意欲や達成感の中枢』と呼ばれていて、人間は他の動物にはみられないほど前頭葉が発達しています

そのため、眼窩前頭野で発した疲労感という生体アラームを意欲や達成感によって隠してしまう。

実際は疲労が積み重なっているのに、疲労を感じなくなるのです。

過労死は、前頭葉が発達して疲労感を隠してしまう人間だけにしか起こらないのだそう。

過労死を避けるためには、隠れ疲労が蓄積していないかどうかをチェックすることが重要なのだそうです。




①飽きる

長時間のデスクワークやパソコン作業で脳を使い続け、「飽きた」という感覚を覚えたことが誰にでもあるだろう。

この飽きるという感覚は、脳が疲労し始めている最初のサインだという。

仕事や勉強などで使い続けている特定の脳の神経細胞を休ませてほしいというシグナルです。

『飽きた』というサインを無視して作業を続けていると、特定の神経回路が疲弊して機能が低下し、全身がだるいなどの症状が表れるようになります。




②寝落ちが増える

電車で席に座った途端、隣の駅に着くまでの間に眠ってしまったり、大事な会議中なのにウトウトしたりするなど、公的な場で無意識に寝落ちしてしまう場合は、隠れ疲労を抱えているケースが多いそうです。

疲労が蓄積してピークに近い状態になると、脳は強制的に意識をシャットダウンして休ませようとするのだとか。




③毎日の習慣が面倒に感じる

脳に疲労がたまると「疲れる」というサインが出ます。

隠れ疲労の場合は疲労を感じないが、無意識のうちに表面に表れるという。

たとえば、駅から自宅までといった普段は歩いている1キロ程度の区間なのに、『なんとなく、きょうは歩きたくない』と感じてタクシーに乗ってしまったり、普段は楽しめる友達や彼女からお誘いがあっても、『きょうは出向くのが、おっくうだ』と感じて断ってしまったり。

こうした衝動的な『面倒くさい』という感覚は、隠れ疲労が表面化している可能性が高いといえますようです。




これら隠れ疲労の3大サインが表れたら、無理はせずに休息をとり、しっかり睡眠をとる事が大事です!


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース, 解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

水道水で認知症発症リスクが低下!?デンマークが研究

水道水という身近な存在が認知症に与える影響を分析した研究結果が、デンマークのコペンハーゲン大学の研究者らによって2017年8月23日に発表されました。 リチウムは大量に摂取すると中毒や甲状腺の機能障害 …

兵庫県の有料老人ホーム、業務上過失傷害で職員を書類送検 入居者死亡、監察医解剖で骨折が判明

神戸市垂水区の有料老人ホームで1月、入浴介護中に必要な措置を取らなかった事で入所者の80代女性が寝具から落下した疑いがあるとして、業務上過失傷害の疑いで、30代女性職員を書類送検する方針を固めたそうで …

【事例あり】“抗認知症薬”で暴力・暴言が増加!?逆に減薬も効果あり!

認知症の進行を遅らせる効果がある“抗認知症薬”の服用により患者の暴力や暴言がひどくなったと悩む介護者は少なくないのだそうで。 厚生労働省は昨年、抗認知症薬の投与を規定量未満に減らす事を認めましたが、勿 …

“学校教育”が認知症の予防の鍵!? 欧米では長期の学校教育で認知症発症率が減少

欧米では、なぜだか、認知症になる人の割合が減ってきているそうです。 理由の一つとみられるのが、若いころに受ける「教育」なんだとか。 教育の充実によって、なんと認知症の約8%を防げるという。 イギリスの …

ファンケル、認知症の予防に効く“香り”を開発!!

10月23日、ファンケルは「日本味と匂学会第51回大会」にて、認知症予防も期待できる記憶力に効果的な2種類の香りを開発したと発表したそうです。 香りの成分「テルピネオール」「カンファー」「1,8シネオ …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細