ニュース 事件

誤嚥性肺炎で特養訴訟

投稿日:2017年7月8日 更新日:

Pocket

埼玉県の特養に入所していた高齢女性が介護ミスで死亡したとして、遺族が施設の運営法人に約4千万円の損害賠償を求める訴訟を起こす、というニュース。

亡くなったのは女性は当時86歳で要介護度4、認知症を患っており、身体機能も座位の保持も難しい状態。

原告の女性の息子2人と代理人弁護士によると、事故は夕飯時に起き食事を飲み込んだ後に吐き出す動作をくり返し、病院に救急搬送されたが、およそ一月後に亡くなったのだそう。

死因は“誤嚥性肺炎”。

施設が提出した事故報告書では、食事介助の際に上半身を起こすベッドの角度を過度に垂直に近づけた事、食事を早く食べさせ過ぎた事を認めているとの事。




遺族は謝罪され和解金の提示も受けたそうですが、「入院中の見舞いにも葬儀にも来ず、誠意を感じなかった。命を扱う事業者として責任感を持ってほしい」と提訴を決めたそう。

遺族は「同様の事故を減らすため、裁判で原因や背景を明らかにしたい」。




施設内での詳細な様子等が分からないので何とも言えませんが、特養で働いているあきすけは色々と思うことがあります。

それはそうと、介護の仕事って、賃金の割りにガッツリ命を預かっている癖に責任と負担ばかり半端ないね!!

・・・なんて事も、介護と真面目に向き合ってない職員は感じたりせずに、只の作業と化していたりするのかな~(^_^;)

いやぁ、食事介助は怖いですね~。

 

 






介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース, 事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

中国が高齢社会を懸念し日本と“介護実習生教育”で協力

超高齢化社会を迎える中国。 そんな中国の団体が、介護人材の不足に対応する為、介護実習生を受け入れる日本の団体と協力して人材育成を行うことで合意したそうです。 中国では約30年後の2050年に人口が14 …

リクルートが介護のムック本を出版!! 様々なエピソードで介護業界のイメージアップを

(株)リクルートキャリアが、介護業界のイメージアップに向けたムック本を出版しました。 介護職と利用者のエピソードを紹介するとともに、ICT(情報通信技術)活用の実例についても掲載しているそうです。 表 …

服役中の認知症悪化で、刑務所内“介護”や認知症受刑者の出所後支援も大きな問題に

国は今年度から、受刑者の高齢化を受けて約30人の介護スタッフを全国の刑務所に配置したようです。 平日に30~40分、受刑者に運動等の指導を行っているのだそうですよ。 ですが、所内には階段を使わないと行 …

介護士が受けるセクハラ問題、ついに国が対策マニュアル作成へ

介護職員や看護師が利用者とその家族からセクハラや暴力・暴言を受けている問題で、厚生労働省は、今年度中に事業者向けの対応マニュアルを作成する事になったそうです。 防止策に加え、被害に遭った際の対応策も盛 …

介護職員のおよそ6割が「慢性的疲労」 長野県民連の調査で

長野県で県民連が、県内約900の事業所を対象にアンケートを行ったそうなのですが、41%が「疲れが翌日に残ることが多い」、15%が「休日でも回復せず、いつでも疲れている」と、介護施設で働く職員の56%が …