ニュース 事件

誤嚥性肺炎で特養訴訟

投稿日:2017年7月8日 更新日:

Pocket

埼玉県の特養に入所していた高齢女性が介護ミスで死亡したとして、遺族が施設の運営法人に約4千万円の損害賠償を求める訴訟を起こす、というニュース。

亡くなったのは女性は当時86歳で要介護度4、認知症を患っており、身体機能も座位の保持も難しい状態。

原告の女性の息子2人と代理人弁護士によると、事故は夕飯時に起き食事を飲み込んだ後に吐き出す動作をくり返し、病院に救急搬送されたが、およそ一月後に亡くなったのだそう。

死因は“誤嚥性肺炎”。

施設が提出した事故報告書では、食事介助の際に上半身を起こすベッドの角度を過度に垂直に近づけた事、食事を早く食べさせ過ぎた事を認めているとの事。




遺族は謝罪され和解金の提示も受けたそうですが、「入院中の見舞いにも葬儀にも来ず、誠意を感じなかった。命を扱う事業者として責任感を持ってほしい」と提訴を決めたそう。

遺族は「同様の事故を減らすため、裁判で原因や背景を明らかにしたい」。




施設内での詳細な様子等が分からないので何とも言えませんが、特養で働いているあきすけは色々と思うことがあります。

それはそうと、介護の仕事って、賃金の割りにガッツリ命を預かっている癖に責任と負担ばかり半端ないね!!

・・・なんて事も、介護と真面目に向き合ってない職員は感じたりせずに、只の作業と化していたりするのかな~(^_^;)

いやぁ、食事介助は怖いですね~。

 

 






介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村

-ニュース, 事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

厚生労働省、インフルエンザ予防にマスク「推奨していない」!? 手洗い、うがい、加湿が大事!!

インフルエンザウイルスは感染力が高く、予防にはウイルスになるべく触れないことが重要です。 厚生労働省は、体調に不安がある場合は人混みを避けるほか、外出後は手洗いとうがいをするよう呼びかける一方、マスク …

“国内最高齢”が“世界最高齢”に!! 117歳女性、敬老の日に長寿をお祝い

今日9月18日は敬老の日でしたね。 鹿児島県では、国内最高齢の117歳の女性を知事が訪れ長寿を祝いました。 鹿児島県の喜界島に住む田島ナビさんは国内最高齢の1900年生まれの117歳なのですが、田島さ …

介護施設の夜勤、多くの人が「長時間で過酷」 日本医療労働組合連合会が調査

「日本医療労働組合連合会」が、全国の介護施設の夜勤勤務の実態に関する調査を行ったそうです。 調査は全国165施設を対象に実施したそう。 人数が少ない上、長時間の労働が続く過酷な勤務実態が明らかになって …

75歳以上の“老老介護”、初の3割超え

高齢者が高齢者を介護する“老老介護”。 2016年に厚生労働省による国民生活基礎調査が実施されました。 調査は医療や福祉、年金、所得など国民生活の基礎データを全国的に集めて分析するもので、1986年か …

深刻な介護人材不足、政府は賃上げやロボット導入を更に進める方針

介護分野の人手不足は深刻で、政府の調べでは2016年の有効求人倍率は3倍超と全職業の1.36倍を大きく上回っています。 高齢化が加速する中、深刻さが増すのは確実で、政府は賃上げなどの待遇改善による職員 …