解説

錠剤と粉薬の違いとは?

投稿日:2017年6月16日 更新日:

Pocket

 あるおばあさまは粉薬だと上手く飲めません。

薬の苦味と口の中に張り付く感じが無理なようです。

「玉じゃなきゃやだ!」

そもそも錠剤と粉薬にはそれぞれどのようなメリットがあるのでしょうか?

錠剤のメリット

・そもそも携行し易いです。

・比較的長期保管できるとされています。

・用量も分かり易い為、一般的に服用し易いです。

・苦い味を隠す為のコーディングがされていたり、溶け方が段階的になるようになっていたりと、飲み易い工夫がされていたりします。

・他に錠剤の一種として“口腔内崩壊錠”と呼ばれる水が無くても飲める、口の中ですぐに溶ける便利な物もあります。

散剤(粉薬)のメリット

・錠剤やカプセル剤に比べ早く体内に吸収される為、早い効果が期待できます。

・簡単に量が調整できるので、体重や年齢に合わせた処方が可能です。

・調剤時に2種類以上の散剤(粉薬)を混ぜ合わせる事が可能です。




その他にも薬の種類としては子供用に良く使われる“シロップ剤”や外用剤として“軟膏”“貼り薬”“吸入剤”なんかもありますね!

分類的には点滴や注射も“注射剤”という薬の一種になります!

それにしても、高齢者や赤ちゃんの薬に粉薬が使われるのは錠剤が飲みにくいという事よりも量の調整がし易いからなようですね!

毎日の薬を自身で管理するのであれば錠剤の方がやや管理がし易いのかなと思いますが、あとは飲み易さ等も含めて個人個人の好き嫌いですかね!!

 

【ビタトレールEXP363錠】(第3類医薬品)



介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

介護を行った平均期間は4年11か月、負担総額は546万円・・・

ご存知の通り、政府は“75歳年金受給開始”の導入に向けて検討を進めていますが、そうなると定年の65歳から75歳までの10年間は収入がなくなる事になります。 となると、もし身内が介護が必要となった場合に …

認知症の治療

認知症では、記憶や様々な行動に障害が現れます。 しかし、認知症の治療といっても現段階では失われた機能を完全に戻す事はできません。 残っている身体的・精神的機能をなるべく長く維持する事が治療の目的となっ …

排尿障害とは

“排尿障害”と聞くと、なんとなく難しい病気のように感じてしまいます。 ですが実は、「夜何度もトイレに起きる」とか、「くしゃみでお腹に力が入ると尿がもれてしまう」といった症状を指し、割と身近なものなんで …

年末年始で久々の帰省の際に確認すべき、親が認知症かどうかチェックする5つの方法

この年末年始で実家に帰省されるという方もいらっしゃると思います。 ですが、その中には久々に会う両親や祖父母の変わった姿を見て、改めて「介護」を意識することになる、なんて事もあるかもしれません。 遠距離 …

【事例あり】“抗認知症薬”で暴力・暴言が増加!?逆に減薬も効果あり!

認知症の進行を遅らせる効果がある“抗認知症薬”の服用により患者の暴力や暴言がひどくなったと悩む介護者は少なくないのだそうで。 厚生労働省は昨年、抗認知症薬の投与を規定量未満に減らす事を認めましたが、勿 …