ニュース

世田谷中町プロジェクト、日本初「認知症デザイン」最高評価受賞!!

投稿日:

Pocket

東京都世田谷区中町に今年5月1日に開所した看護小規模多機能型居宅介護事業所「ナースケア・リビング世田谷中町」が、日本で初めて英国スターリング大学認知症サービス開発センターの認知症デザイン認証で最高評価を授与されました。

認知症デザイン認証とは、世界各国の研究をもとに英国スターリング大学認知症サービスセンターが開発した、認知症患者の生活を支える為に有効な建築・内装デザインかどうかの評価項目、および審査の事で、最高評価のゴールドは、必須項目を満たした上で、全項目の90%以上が基準を満たしている施設だけに贈られます。

認知症の方には、認知機能の低下や老化による視力や聴力の低下等が生じる為、空間認識を助ける為に色調でコントラストをつけることが推奨されており、同施設では、その色調に日本の伝統色を採用。

認知症デザインの原則と日本の文化や慣習を融合させたものとしても高い評価を獲得した事が、最高評価に繋がったようです。

今回の受賞は、同じく世田谷中町プロジェクトのひとつとして建てられたシニア向け住宅「グランクレール世田谷中町ケアレジデンス」と2施設同時の受賞なんだそう。

世田谷中町プロジェクトは、子育て期から高齢期まで多世代の人々が交流し、気持ちよく暮らしていくための住環境を創造するプロジェクトなんだそうです。

英国スターリング大学認知症サービス開発センターの首席建築士、レスリー・パーマー氏は、世田谷中町プロジェクトを「認知症の人達が地域のコミュニティの中で、できるだけ自立して生活することをサポートする為のロジカルなアプローチとなっている。」と評価しています。

高齢者の増加と共に高齢者の社会的孤立が問題となっていますから、住環境の整備がより重要となってくるんでしょうね!


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

桂歌丸さん、誤嚥性肺炎で入院 「息が吸えなくて死ぬかと思った」

落語家の桂歌丸さん(81)、誤嚥性肺炎だったそうです。 24日、東京都内で行われた「第11回芸協らくごまつり」の開会式に出席し、誤嚥性肺炎で22日まで入院していた事を明かしました。 関係者によると12 …

夜勤と日勤、頻繁に昼夜逆転すると寿命が短くなる!?長期間のマウス実験で、きついシフトで死亡率4倍以上!!

長期間にわたって頻繁に昼夜が逆転して体内時計が乱されると、死亡率が高まる傾向にあることを、京都府立医大の研究チームがマウスの実験で明らかにしました。 介護職等はシフト勤務の職場は多いですが、シフトの組 …

過労死から自らを守る為の“隠れ疲労”3つのサイン

長時間労働による「過労死」が問題視され、現在働き方改革が推進されています。 ですが、介護業界は慢性的な人手不足等もあり、なかなか難しいところも。 自分自身で過労死から身を守る必要もありますよね。 その …

服役中の認知症悪化で、刑務所内“介護”や認知症受刑者の出所後支援も大きな問題に

国は今年度から、受刑者の高齢化を受けて約30人の介護スタッフを全国の刑務所に配置したようです。 平日に30~40分、受刑者に運動等の指導を行っているのだそうですよ。 ですが、所内には階段を使わないと行 …

有料老人ホーム入所の男性、鼻からチューブで呼吸不全

香川県さぬき市の有料老人ホームの入所者の男性(82)が、鼻から挿入したチューブで朝食の栄養剤を摂取した後に体調不良を訴え、呼吸不全により病院で死亡したと香川県警より明かされました。 チューブは通常、胃 …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細