ニュース

介護職員のおよそ6割が「慢性的疲労」 長野県民連の調査で

投稿日:

Pocket

長野県で県民連が、県内約900の事業所を対象にアンケートを行ったそうなのですが、41%が「疲れが翌日に残ることが多い」、15%が「休日でも回復せず、いつでも疲れている」と、介護施設で働く職員の56%が慢性的な疲労を感じている事が明らかになりました。

体調についても約半数が腰痛や肩凝りの症状を抱え、2割前後が頭痛、倦怠感、イライラ感を持っているとの答えが。

労働意欲は、辞めたいと「いつも思う」が8%、「ときどき思う」が55%に達した。介護の仕事に対する不安を聞いた設問では、「将来の生活への不安」「健康面の不安」がいずれも51%だったほか、「現在の生活への不安」が20%、「雇用の不安」も14%あったそうです。

決まって支払われる賃金は「20万円未満」が58%、「20万~25万円未満」が28%だったとのこと。

厚生労働省の賃金調査(平成28年)でも、施設職員の平均月収は21万5千円にとどまり、全産業平均の30万4千円を大きく下回っていたようです。




これはあくまで長野県内のみの結果ですが、全国でも大きくは変わらないのでしょうね。

まぁ、介護の仕事以外でも疲労は感じるでしょうし、辞めたいとも思うと思います。

ですが、介護職のリスクは腰痛等以外にも、感染症なんかもありますし、もう少し給料的な問題なんかもなんとかならないと、人は集まりませんよね…


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

介護レクリエーション専門情報誌 が創刊!! 「介護レク広場.book」発売

BCCの社内カンパニーで、レクリエーション介護士制度を手掛けるスマイル・プラスカンパニーは、介護レクリエーションに特化した情報誌「介護レク広場.book」を創刊、発売を開始しました。 「介護レク広場. …

認知症の前段階といわれる“軽度認知障害(MCI)”、およそ半数が認知機能回復

認知症の前段階といわれる“軽度認知障害(MCI)”と判定された在宅の高齢者を4年間追跡したところ、半数近くは正常な認知機能を回復したとの研究を、国立長寿医療研究センターのチームがまとめ、米医学誌に発表 …

介護施設の夜勤、多くの人が「長時間で過酷」 日本医療労働組合連合会が調査

「日本医療労働組合連合会」が、全国の介護施設の夜勤勤務の実態に関する調査を行ったそうです。 調査は全国165施設を対象に実施したそう。 人数が少ない上、長時間の労働が続く過酷な勤務実態が明らかになって …

選挙での郵便投票、対象を要介護3へ拡大 新たに162万人が対象に

自民、公明両党が、国政や地方の選挙の際に、介護保険制度で介護の必要度が最も重い要介護5などに限定的に認められている郵便投票について、要介護3と4の人にも対象を拡大する公選法改正案をまとめましたね。 高 …

70代男性が肺炎で死亡、原因は肺炎球菌の予防接種の可能性 国が認めるのは初

宮崎県都城市が、市内の70代男性が2015年、市が実施した肺炎球菌の定期予防接種を受けた後に間質性肺炎のため死亡した、と明らかにしました。 国は「予防接種のワクチンが関与した可能性が否定できない」とし …