解説

カマンベールチーズに認知症予防効果!!更に+αで効果アップも!?

投稿日:

Pocket

東京大学大学院農学生命科学研究科の研究グループが2015年に、認知症予防についての研究結果を発表しています。

なんとカマンベールチーズを摂取する事で、アルツハイマー病を予防できる可能性があるという!!

東京大学の研究によると、カマンベールチーズを食べる事によってアルツハイマーの原因となる“アミロイドβ”が脳に沈着するのを抑制する事が判明しているのだそう。

元々チーズ等の乳発酵食品が認知症に有効とは言われてきましたが、有効成分は特定されていませんでした。

しかし、この研究によってアミロイドβを抑えてくれる2つの成分も明らかにされたのです。

それが“オレイン酸アミド”“デヒドロエルゴステロール”という成分です。

“オレイン酸アミド”とは、カマンベールチーズの原料となる生乳に多く含まれる“オレイン酸”という不飽和脂肪酸由来の成分です。

脳に発生するアミロイドβを除去してくれる“ミクログリア”という免疫細胞を活性化する作用と、脳の炎症も同時に抑える作用を持ち、この2つの効果により認知症の予防が出来る事が示唆されています。

ミクログリア細胞はアミロイドβなどの老廃物を食べて排出してくれる働きがあるだけでなく、脳に侵入してくるウイルスや病原体から脳を守る防御の役割、劣化した神経細胞の代謝、神経細胞に栄養を与えることで神経伝達をになう「シナプス」を伸してくれるといった働きをしています。

”デヒドロエルゴステロール”とは

”デヒドロエルゴステロール”はエルゴステロールに由来する成分です。

この成分もオレイン酸アミド同様、脳の炎症を抑える働きがあります。

その為、脳の炎症を抑える事で、脳機能の低下を防ぎ認知症の予防が期待できます。

カマンベールチーズ摂取の注意点

認知症専門医によれば、認知症の予防を意識してカマンベールチーズを食べる場合、1日1~2切れを食べれば良いとされています。

カマンベールチーズには飽和脂質も含まれているので、認知症予防に良いからといって食べ過ぎには注意が必要です。

飽和脂肪酸の過剰摂取は悪玉コレステロール値を上げ、心筋梗塞等の原因となってしまう危険性も。

カマンベールチーズ摂取の効果アップ

また、カマンベールチーズに相性の良い飲み物と言えば、ワイン。

特に赤ワインにはポリフェノールが多く含まれており、こちらも認知症の予防が期待できる成分です。

したがってカマンベールチーズとワインは認知症予防にとっても相性の良い組み合わせです。

ただ、赤ワインのアルコールは肝臓に負担になるので飲み過ぎには注意ですよ!

また「ワインが飲めない」という方はブドウジュースも良いですよ!

ブドウジュースにもポリフェノールは含まれていますからね!!

でも果汁の少ない“ブドウ味”では意味がありませんので、“果汁100%”の物を選ぶように!!!


介護職員ランキング

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

介護職員なら気を付けるべき、牡蠣によるウイルス感染と食べ方の注意点とは!?

牡蠣は「海のミルク」と呼ばれ、グリコーゲンのほか、タンパク質やカルシウム、亜鉛等のミネラル類をはじめ、様々な栄養素が含まれています。 海の栄養分を濃縮して蓄積しているという良い点もありますが、逆に有害 …

高齢者のラジオ体操での注意点

日本人なら一度は経験した事があるんじゃないかと思われるラジオ体操。 あきすけは子供の頃、体育の授業でやったりしておりました。 ラジオ体操は比較的取り組みやすい為、健康に気を使う人達にとっても魅力的な運 …

“義歯刻印”で徘徊時や災害時の身元確認!!

“義歯刻印法”って、ご存知ですか? 入れ歯やブリッジ等に名前やIDナンバー、もしくは義歯の制作者名を入れるというものです。 日本の義歯刻印の活動は、阪神淡路大震災の翌年、1996年から始まったのだそう …

年末年始で久々の帰省の際に確認すべき、親が認知症かどうかチェックする5つの方法

この年末年始で実家に帰省されるという方もいらっしゃると思います。 ですが、その中には久々に会う両親や祖父母の変わった姿を見て、改めて「介護」を意識することになる、なんて事もあるかもしれません。 遠距離 …

認知症の治療

認知症では、記憶や様々な行動に障害が現れます。 しかし、認知症の治療といっても現段階では失われた機能を完全に戻す事はできません。 残っている身体的・精神的機能をなるべく長く維持する事が治療の目的となっ …