解説

認知症の治療

投稿日:

Pocket

認知症では、記憶や様々な行動に障害が現れます。

しかし、認知症の治療といっても現段階では失われた機能を完全に戻す事はできません。

残っている身体的・精神的機能をなるべく長く維持する事が治療の目的となってきます。

いくつか簡単な例を挙げていきますね!

薬物治療

中核症状を根本的に治療する薬はないですが、周辺症状のうち幻覚や不安等の精神症状、徘徊等の問題行動は向精神薬等の薬によって症状が改善する事があります。

ケアや心理療法

症状に合わせたケア(精神的ケア、生活上のケア等)や回想法、リアリティーオリエンテーション、アニマルセラピー、音楽療法等の心理療法も行われています。

リハビリの必要性

脳血管障害の後遺症での自発性の低下や活動性の低下は、認知症を増悪させるのでリハビリが必要となります。

脳血管障害の後遺症として同時に片麻痺等運動障害を伴う事が多いので、寝たきりの予防も重要となります。

脳血管障害の予防の重要性

脳血管障害による認知症を生じさせない為にも予防は大切です。

また、脳血管障害は一度起こすと繰り返す事が多い為、再発の予防も重要です。

その為には生活習慣の改善も必要です。




・・・と、本当に大まかな説明のみでした(>_<)

この中で介護士は“ケア”の部分でのプロフェッショナルという位置づけになる筈です。

全国的に介護士の数が足りていない為敷居が低くはなっているとは思いますが、決して誰でも出来る簡単な仕事ではないと思っています!

専門職ですしね!!

 

介護職専門の転職支援サービス



介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高齢者のラジオ体操での注意点

日本人なら一度は経験した事があるんじゃないかと思われるラジオ体操。 あきすけは子供の頃、体育の授業でやったりしておりました。 ラジオ体操は比較的取り組みやすい為、健康に気を使う人達にとっても魅力的な運 …

75歳で高齢者、65歳は准高齢者、90歳から超高齢者

少し前にニュースなんかでも取り上げられていた話題。 今年の1月に学会で、65歳以上と定義されている「高齢者」を75歳以上に見直すよう求める提言をされたそうです。 また、65~74歳はまだまだ活発な社会 …

祖母の失念で男児死亡・・・ 認知症方が起こした事件にはどんな刑罰が?

8月2日、仙台市の民家の駐車場に停められた乗用車内で、3歳の男児がぐったりした状態で見つかり、病院で死亡が確認された事件がありました。 死因は熱中症の可能性が高いとされています。 祖母が車内に男児がい …

過労死から自らを守る為の“隠れ疲労”3つのサイン

長時間労働による「過労死」が問題視され、現在働き方改革が推進されています。 ですが、介護業界は慢性的な人手不足等もあり、なかなか難しいところも。 自分自身で過労死から身を守る必要もありますよね。 その …

“義歯刻印”で徘徊時や災害時の身元確認!!

“義歯刻印法”って、ご存知ですか? 入れ歯やブリッジ等に名前やIDナンバー、もしくは義歯の制作者名を入れるというものです。 日本の義歯刻印の活動は、阪神淡路大震災の翌年、1996年から始まったのだそう …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細