解説

錠剤と粉薬の違いとは?

投稿日:2017年6月16日 更新日:

Pocket

 あるおばあさまは粉薬だと上手く飲めません。

薬の苦味と口の中に張り付く感じが無理なようです。

「玉じゃなきゃやだ!」

そもそも錠剤と粉薬にはそれぞれどのようなメリットがあるのでしょうか?

錠剤のメリット

・そもそも携行し易いです。

・比較的長期保管できるとされています。

・用量も分かり易い為、一般的に服用し易いです。

・苦い味を隠す為のコーディングがされていたり、溶け方が段階的になるようになっていたりと、飲み易い工夫がされていたりします。

・他に錠剤の一種として“口腔内崩壊錠”と呼ばれる水が無くても飲める、口の中ですぐに溶ける便利な物もあります。

散剤(粉薬)のメリット

・錠剤やカプセル剤に比べ早く体内に吸収される為、早い効果が期待できます。

・簡単に量が調整できるので、体重や年齢に合わせた処方が可能です。

・調剤時に2種類以上の散剤(粉薬)を混ぜ合わせる事が可能です。




その他にも薬の種類としては子供用に良く使われる“シロップ剤”や外用剤として“軟膏”“貼り薬”“吸入剤”なんかもありますね!

分類的には点滴や注射も“注射剤”という薬の一種になります!

それにしても、高齢者や赤ちゃんの薬に粉薬が使われるのは錠剤が飲みにくいという事よりも量の調整がし易いからなようですね!

毎日の薬を自身で管理するのであれば錠剤の方がやや管理がし易いのかなと思いますが、あとは飲み易さ等も含めて個人個人の好き嫌いですかね!!

 

【ビタトレールEXP363錠】(第3類医薬品)



介護職員ランキング
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村



-解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

75歳で高齢者、65歳は准高齢者、90歳から超高齢者

少し前にニュースなんかでも取り上げられていた話題。 今年の1月に学会で、65歳以上と定義されている「高齢者」を75歳以上に見直すよう求める提言をされたそうです。 また、65~74歳はまだまだ活発な社会 …

高齢者の暴行摘発、10年でおよそ4倍に

傷害や暴行等での高齢者の摘発人数が、人口増加を上回るペースで急増している事が国の統計から分かりました。 特に暴行の摘発は10年前から4倍超に激増しているそう。 些細なトラブルから他人に手を出すケースが …

介護を行った平均期間は4年11か月、負担総額は546万円・・・

ご存知の通り、政府は“75歳年金受給開始”の導入に向けて検討を進めていますが、そうなると定年の65歳から75歳までの10年間は収入がなくなる事になります。 となると、もし身内が介護が必要となった場合に …

“義歯刻印”で徘徊時や災害時の身元確認!!

“義歯刻印法”って、ご存知ですか? 入れ歯やブリッジ等に名前やIDナンバー、もしくは義歯の制作者名を入れるというものです。 日本の義歯刻印の活動は、阪神淡路大震災の翌年、1996年から始まったのだそう …

カマンベールチーズに認知症予防効果!!更に+αで効果アップも!?

東京大学大学院農学生命科学研究科の研究グループが2015年に、認知症予防についての研究結果を発表しています。 なんとカマンベールチーズを摂取する事で、アルツハイマー病を予防できる可能性があるという!! …

介護の求人サイトである「カイゴWORKER」さんにオススメブログとして紹介されています!!https://kaigoworker.jp/blog/index.php

プロフィール

あきすけと申します。
特養で介護福祉士として働いております。
子供2人とわんこ2匹の父親で、
兼業主夫として妻と協力しながら家事と
育児と仕事をなんとかこなしております。

プロフィール詳細